Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

パートで社会保険に入った方がいいか?加入した方が将来的に得な理由は?

  パートや非常勤で年収を扶養範囲内に納めるのは得か損か?迷う人は多いでしょう。

  さまざまな価値観があると思いますが、一概に損とは言い切れないと思うので、その理由を書いてみますφ(..)

f:id:wormama-blog:20180704214815j:image

★専業主婦や扶養内パートの立場は危険?

  年金や税金の配偶者控除が受けられる上に、将来も国民年金が受け取れるという3号(サラリーマン妻)年金制度の立場は危うくなってきていると言われています。

  なぜなら年金が足らなくてヤバイのに、年金を払っていなかった主婦を優遇する余裕は日本にないからでしょう。

  また、汗水垂らして税金や年金を納めている人もたくさんいるのに、家事育児だけして国民年金を貰えるなんて不公平という意見もあるかもしれません。

  夫が超高収入でガッツリ税金引かれてるなら文句はないですが、中流家庭なら目先の損得考えずに社会保険に入ったほうがいいのでは?と思います。

 

★いくら稼ぐべきか?

  いくら稼ぐべきかですが、パート妻は年収160万以上稼いで社会保険に入った方が長い目で見れば得です(^_^)

  160万以上稼がないなら130万以下に収めないと手取額が少なくなります。

 

★社会保険に入ることは払い損か?

  損だという考え方がされるのは二つの理由があります。

まずひとつ目

1,自分の掛けてきた年金がパーになる可能性があるから

  夫が早く亡くなったとき、夫の遺族年金か自分の厚生年金選ぶことになります。そのとき夫の遺族年金の方が高い場合があり、自分の掛けてきた分は無駄になってしまうから損だ、

というのが一つ

  でもこれは夫が早く亡くなった場合に限りなので、このことに捕らわれるのは現実的じゃないと思います!最近では男性でも長生きですよ~(^_^;)私の勤める病院にも80代の男性たくさんいます。夫婦で長生きしたときにダブルで年金が入るのは家計の余裕が違います。

 

もう1つの理由は

2,手取りが減ってしまうから。

  130~150万台の年間収入では、引かれる分が多いため130万以下の場合よりも手取額が少なくなるからです。

  ここは迷いどころですが、たくさん稼いじゃうと夫の会社の扶養手当が出なくなる会社もあるので、稼ぐと損になると感じる場合もあるでしょう。

 

★社会保険に入った方がいい理由

1,国民年金のみと比べて将来の年金需給額が多い

  厚生年金は終身なので、扶養範囲内に抑えて貯蓄するよりも得です。100歳までいきる時代ですから老後資金なんて数千万貯蓄したところですぐ底をつくのは目に見えています。

  国の制度を使用すること(社会保障に加入すること)は最も効果的な老後資金対策だと考えます(*^^*)

 

2,  3号年金制度が廃止される可能性がある

  長生きはリスクになっています。看護師の私が言いますが病気になってもなかなか死ねません~。医療が発達してどんどん良い薬が出てますからね。80代でもオペして元気になって退院していきますから。

  老後に備えた貯蓄だけでは限界があります。年金が少ないことは老後破綻の可能性だけでなく、老後に好きなことをしたり孫への小遣いさえ躊躇してしまう生活になる可能性があります。

  今より確実に病院に受診する頻度は増えることが予想されますが、身体が悪くなったときに治療費を気にして受診を我慢するのは辛いものです。

  社会保障費は足りないのに専業主婦や扶養内パート主婦を優遇するだけの余裕はありません。3号年金制度は無くならなくても縮小はしていくのではないかな?と予想しています(゜_゜;)

 

★さいごに

  扶養内に納めるかどうかで悩むのは、結局は余裕のある証拠であり、贅沢な悩みなのです。なぜなら、生活に余裕がなければ扶養を超えてガッツリ手取額を増やしたいと思うはずですから。130万以下に抑えても夫の収入だけで生活できる選択肢がある家庭は切羽詰まっていないという見方ができます。

  今の元専業主婦の高齢者で国民年金は月5万程度だそうです。我々の時代ではどうでしょうか?2~3万か、下手したら廃止されて0なんて可能性もあります(;-Д-)

  働けるうちは社会保険に入って年金を納めるべきだと思います。

  社会保険に入ることのメリットは厚生年金だけではなく、雇用保険や労災保険、健康保険も含まれるので産休や育児休暇中の手当てが貰えたり、病気の時は傷病手当てが貰えたり、怪我で障害をおったときは障害基礎年金が貰えるメリットがあります。

  目先の「手取額が減らされる」という損得感情は抜きにして、社会保険に入るメリットを多角的に考える必要がありますね(o^-^o)

  

 

⭐読んでいただきありがとうございます(*^^*)