Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

イマドキのお墓選び!納骨堂?一般墓?樹木葬?感想まとめ⭐

  12/20放送の「アサイチ」のテーマは「お墓選び」についてでした!

  都会だけで、100万人の遺骨がお墓に入っていないそうで驚きです(*_*)

  先祖代々のお墓に入るという意識が薄れていることや、独り暮らしが増えていることもあり、生前からのお墓選びに注目が集まっているそうです(*^-^*)

  番組内ではお墓の違いや値段、徹底比較など特集されていました。

  ざっくりですが、要約まとめと感想を書きますφ(・ω・`)

f:id:wormama-blog:20171222121225j:image

⭐最新のお墓事情

それぞれの比較

1,納骨堂が人気

  立地のよい駅前にあったりお墓の管理を委託できるという納骨堂。

  草むしりや掃除などの面倒な管理がないのもメリットです(’-’*)

  完全室内型のロッカー式、仏壇式、機械搬送式などがありました。

  驚いたのが、機械搬送式のもの!カードで情報を認識して、たくさんある遺骨の中からご遺族の遺骨を選び出し参拝ブース(10箇所ほど有)へ運んでくれるのです!機械的ではありますが、管理者側から見ても効率はいいですし、高齢で足の悪い方でも簡単にお参りに行きやすそうだと思いました。

  納骨堂はいずれも完全個室だったりして、プライベート感を重視されているように感じました(^-^)⭐

 

2,一般墓(いっぱんぼ)

  外にある一般的なお墓のことです。

  民間より公営墓地なら100万代で収まるので人気です。しかし、倍率313倍と抽選に当たる確率はかなり低そうです。

  民間霊園の墓なら永代使用料250万+墓石&工事費用200万~とお高いようですね(^o^;)

  納骨堂は90万+管理費(契約年数分)ですが、一般的な石の墓は181万ほど。

  納骨堂の方がややリーズナブルと感じるかもしれませんが、冷暖房費、エレベーター費用、その他遺骨の管理費などがかかってきます(>_<)

 

3,樹木葬(じゅもくそう)

  平均74万ほどの価格で女性に人気だそうです。

  お花の綺麗な庭園に骨壺を埋めるタイプや、まるで土に帰るように骨壺に納めない埋葬方法を選べるタイプもあります。

  骨壺で納めるものは、契約期間が終わると合同墓に移してくれるようです!

自分の定年後は自分で守る。

⭐まとめ

  最近ではお一人様用の合同墓が人気で、御寺や霊園が法要や管理をしてくれるお墓もありました。夫とは入らずペットと二人でなんて方もいるようです(^_^;)

  最近は、自分がどんなお墓に入りたいか重視されている傾向にありますが、やはり参拝してくれる人の参りやすい環境を選ぶのが一番かなと思いました!

  いろんな霊園や、お寺、納骨堂を見学してみることが大事ですね。足の運びやすい負担のない場所がいいなと感じました(o^-^o)

 

⭐読んでいただきありがとうございます⭐