Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

骨密度の低下を防ぐ3つの方法!骨粗鬆症にはCa以上に大事なビタミンD!

  今週のアサイチ「骨ケア」のテーマでした!

要約をざっくりと、感想を書きますφ(..)♪

  骨粗鬆症というと、閉経を迎えた女性がなりやすいものです。それは、今も変わりありませんが、それに加えて最近では若い20~30代にも骨密度の低下から骨粗鬆症のリスクが高まっているとのことでした(*_*)!

  骨粗鬆症の何が怖いかというと、脆い骨はちょっとした負荷がかかると骨折しやすくなります。腰や足を骨折すると、日常生活に支障をきたしますし、激痛で寝たきりになってしまうリスクが高いのです!

f:id:wormama-blog:20171216214852j:image

実は大事なビタミンD

  カルシウム(Ca)を取れば骨密度は維持されると思いがちですが、カルシウムを吸収するにはビタミンDが必要とのこと!カルシウムだけ頑張って摂取していてもあまり意味がないんだとか…。これはショック( ; ゜Д゜)

  紫外線は良くないものと言われ続けていたのですが、ビタミンDを体内で作るためには日光に当たる必要があります。

  しかし、紫外線カットのブームで子供や若い頃から強い日焼け止めを塗りたくり、外遊びも減ってきている現代。ビタミンDが不足している人は90%ほどいるそうです!

  若いときから骨密度のベースが低いため、高齢になると今の高齢者よりもさらに骨密度が低下します。

 

骨密度を低下させないための3つの方法

1,日光に当たる

  日焼け止めの使用は適度にすること!!

  寒い日でも、30分くらいは外に出て日光にあたることが大事です。日照時間の少ない地域や季節こそ、長く外に出ることが大事なのです。室内でカーテンを開けて日光にあたってもあまり意味がないんだとか…(;゜∇゜)

  子供には特に丈夫な骨を作ってあげたいので、外遊び頑張ります(*^-^*)

  シミも気になりますが、美容より健康の方が大事な気がしてきました!骨密度の低下は一生ひきずります…。過剰な日焼け止めの塗り直しは避け、朝に一度塗るくらいでいいのかもしれませんね。

 

2,運動する

  骨に負荷をかけることが骨を強くします!

  それには適度な運動が大事です。

  ヨガのような柔軟は健康には良くても、骨への負荷は少ないそうです!やはり、なるべく歩いたり階段を使うか、スポーツをして、骨に重力の負荷をかける方がいいですね(^o^;)

 

3,ビタミンDを取る

  先程記載したように、カルシウムだけ取ってもビタミンDがなければ吸収されません( ω-、)

   では、何に含まれているかというと、魚(鮭なら1/2切、さんまなら一尾)、天日干ししたキノコの摂取が効果的なんだそうです☆

  キノコといっても生のキノコはビタミンVitDの含有量が少ないため、パッケージの裏面を見て「天日干し」と書かれているキノコを選ぶといいです。

  でも、干したキノコ高いんですよね(^_^;)煮物や炊き込みご飯くらいしか使いみちないし。魚を意識して食べようと思いました(’-’*)♪

  サプリメントで取る方法もあります。過剰摂取による健康被害も心配されますが、規定の通りに安全に服用することが大切ですね☆

 

⭐読んでいただきありがとうございます⭐