Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

タワーマンションを購入してはいけない7つの理由!デメリットは想像以上!

  我が家がマンションを選ぶなかで、新築の分譲タワーマンションを購入することも候補に挙がりました。

  東京、大阪などの都会ではタワマンがどんどん増えています。

  しかし、選ばなくて本当によかったと思っています(;゜∇゜)!

  価格や立地、管理会社や工務店がどうこうという問題ではなく、タワーマンションを選ぶ際にまず知っておくべきポイントがあります。それを知った上で買うにも、結構勇気のいることだと思います。

  憧れはあるけど住み心地はどうなのかな?など気になることはありますよね。

  我が家がタワーマンションを選ばなかった理由をお話しますφ(..)♪

f:id:wormama-blog:20171201133653j:image

⭐タワーマンションのデメリットとは

選ばなくて良かった7つの理由

1,移動に時間がかかる

  規模にもよりますが、エレベーターが何台かあったとしても、上の階になると途中でエレベーターを乗り継ぎしなくてはなりません!

ロビーも広く廊下も長い場合が多いです。

  忘れ物して戻っていたら確実に遅刻です(-_-)往復で10分はかかりそうです。

  子連れだったり、高齢になると自転車の荷物を自室まで持ち上がるのがとっても不便です!

  友人宅がタワマンで、素敵ではあったのですが「これを毎日?面倒すぎる~!」と実感したのは言うまでもありません(゜゜;)

 

2,災害時の被害大

  上の階になるほど揺れが大きいです。普通のマンションの比ではありません。

  規模の小さな地震であっても家具や食器の破損リスク大です。住宅購入の際、どなたでも火災保険に入ると思いますが、タワーマンションの場合は家財道具の保証の保険も手厚くした方がいいと思いますね。自分や家族が倒れてきた家具で怪我をするリスクもあります!

  物の破損以上に怖いのが逃げ遅れることです((((;゜Д゜)))

  災害時、エレベーターが使えないとなると、小さい子と荷物を抱えて逃げられるでしょうか?非常階段で逃げるにはベビーカーが使えないので持つことになります。例えば50階の最上階から幼い子供二人と防災用品…とてもじゃないけど持てません。

  火災の時も、上の方の階だと消防署の放水用ホースが届きませんので、非常に危険です。自分は気を付けていても隣の住人が火を出したら一貫の終わりです(>_<")

 

3,毎月の管理費、修繕積み立て費が高い

  コンシェルジュ(管理人さん)が24時間在中しているところは多いです。わざわざ一階のゴミ置き場まで降りなくても各階のゴミ置き場に出せば、管理人さんがゴミ出ししてくれたりします。とても便利ですが、24時間分の人件費がかかることになります(^_^;)

  何台かあるエレベーターの管理費(点検費用、電気代)もかかります。

  住人が多いとそれだけ破損も多くなりますので、共用部分の修繕メンテナンス費用が必要なので、修繕積み立て費も高めに設定されていることが多いです(´-ω-`)数年ごとに修繕費は上がっていきます。

  ローンの支払いだけで考えてしまうと、払えると思うかもしれませんが、別途もろもろの諸費用がかかる現実に直面し、タワマン貧乏に陥る人もいますので注意が必要です。

4,住人の関係が希薄になりがち

  戸数が多いため、普通のマンションに比べると住民同士が顔を合わせる機会が少ないです。防犯面でもどんな方が住んでいるのか知れた方が安心です。住人か部外者か分からないのってとても不安です(;-Д-)

  住民の人数が多いとなると、自治会などで意見がまとめにくいという問題もあります。アンケート取るのも、意見を一致させるのも大変です。マンション内の決まりごとを作るのも一苦労という訳です。

 

5,将来のスラム化が心配

  数十年後に建て替え問題に直面した際、古くなって出ていく住人も出てきます。管理費や修繕費を工面するのが負担で引っ越される場合もあります。

  空き屋が増え賃貸ばかりになると、言い方は失礼ですが、人の質も落ちます

  賃貸の人はマンションの修繕などお金のかかることに消極的です。自分の持ち家ではないので当前ですね。修繕するや否やで住人の意見が分れ、修繕できぬまま放置されることで、スラム化が進む恐れがあります。

  これがタワーマンションを購入する上で大きな不安要素でありました(´ヘ`;)

  また、タワーマンションを購入する人のなかには、不動産投資の目的で家賃収入を得ようとする輩が少なくともいます。賃貸の部屋が存在するということは、借りる方が購入よりはるかにハードルは低くなるので、いろんな人が出入りし始めます。その場合も秩序や雰囲気を乱すような、ちょっと価値観の合わないような人が住まわれる場合もあります。

 

6,子供が高いところを怖がらなくなる

  幼い頃からタワーマンションに住んでいる子供の方が怪我のリスクが高いと聞いたことがあります。高所に対する免疫がついているのかもしれません。

  小さいうちからあまり下を見せない方がいいのかなと思いますね。高いところは危ないのだと、小さい頃から言い聞かせる必要があります!

 

7,子供が迷う、怖がる可能性

  モデルルームに見に行ったときの感想です(*^^*ゞ

  広い絨毯が敷かれた廊下…。人の気配、足音もしない…。1つの階あたりの戸数が多いため、ズラーっとホテルのように同じドアが並んでいて廊下に窓もない…。

  外にさらされていない分、ドアの消耗などは少ないようですが、密室空間の人の気配の無いホテルのような廊下は正直不気味でした((( ;゚Д゚)))

  小学生になると学校から一人で子供たちは迷わず自分の部屋にたどり着けるのでしょうか?

  そんな薄暗い環境では、どこかの部屋にサッと連れ込まれても、声を出しても誰にも聞こえない…。誰にも見られていない…。そんな危険な環境に感じたのです(>_<")家族連れでは防犯面からおすすめしません。

 

⭐まとめ

  1. 移動に時間がかかる
  2. 災害時の被害大
  3. 毎月の管理費、修繕積み立て費が高い
  4. 住人の関係が希薄になりがち
  5. 将来のスラム化が心配
  6. 子供が高いところを怖がらなくなる
  7. 子供が迷う、怖がる可能性

でした!

  タワーマンションのメリットはやはり景観の美しさや、中にラウンジや温泉、ゲストルームがあったりと、セレブ感を味わえることでしょう。

  しかし、必然的にお金持ちが多いだろうという先入観から、階層によるママ友カーストに巻き込まれる可能性があるので覚悟が必要です(´-ω-`)

  中規模のマンションなら8階だろうと10階だろうとそれほど気にならないものですが、タワーを選ぶ人はそれなりに高いところに住みたい願望があって選んだ人がほとんどです。

  どうせタワーを選ぶなら3階よりかは30階に住みたい!ってなりますよね。3階と30階じゃ差がありすぎて、マウンティングの対象になったり「低層階の住人」みたいなレッテルを貼られたりします。

  そういった人間関係の煩わしさも含めてタワーマンションは選びませんでした。後悔はありません♪タワーマンションに住んでる人が自慢してきたとしても上記の7つのデメリットから、「大変だなぁ~…」と感じるのです。

  住みにくいな、売りたいなって人は今のマンションブームに売れば高く売れる可能性があります(*´-`)

高価でスピーディな不動産売却は「不動産の窓口」

 

⭐読んでいただきありがとうございます(’-’*)♪⭐