Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

「名前のない家事」ストレスを減らす対策とは?アサイチのレビュー感想

  本日、2017年11月27日アサイチのテーマは、「名前のない家事 どうすれば楽になる?」でした(’-’*)♪

  名前のない家事はツイッターで話題になっていたようです。

  私は、常日頃から面倒だなぁ~やりくない~!となるのは掃除機や洗濯などの決まった名前の付いていない細々した作業であると感じていました!しかも、そういうのって男の人は気づいていなかったりするもの。

  非常に共感できる内容でしたので、ざっくり要約とレビュー、私の考えを書きたいと思いますφ(..)♪

f:id:wormama-blog:20171127134405j:image

名前のない家事とは?

  名前のない家事とは、「あらゆる場面で発生する細かい家事」のことだと定義されていました。

  番組内では、

  • ゴミ箱にゴミ袋をセットする
  • 余ったごはんを小分けして冷凍
  • トイレットペーパーの補充と買い足し
  • 食器を食器棚に戻す
  • 麦茶ボトルを洗って麦茶を作って補充

などが挙げられていました。

  これら、あるあるですね。共感しすぎて感動してしまうほど(^o^;)!

  一つに一つに大きな負担はないのに、やりがいや達成感もないし、次々と発生して終わらないのです(>_<")いつの間にかやってくれてる、みたいに存在感もない作業なので、家族から大して感謝もされない

  これはイライラの原因です(-_-#)

 

  主婦だけでなく、独り暮らしされている若い方でも、生活するなかで発生してしまうのがこれらの細かい作業ですよね。

  どうにかならないのでしょうか?

我が家の名前のない家事6!

1,ゴミをまとめる

  ゴミの日の前日に各部屋のゴミを集めてまとめる。

  これって一般的には「ゴミ出し」とは言わないのですよね。オムツやらキッチンの排水溝のゴミやら、いろいろ一つにまとめるのは面倒なのに、ゴミを出してくれるのは旦那。なので、あたかも旦那が全てやったような感じになってしまうのが悔しい…。

2,子供の服の整理

  衣替え、サイズアウトしている服の処分、お下がりに使えるものは仕分け、買い足すもののリスト化、新しい服に名前かく、取れたボタンやアップリケを付ける…。

  子供の服関係でやること満載すぎます(-_-)!

  すぐサイズアウトしてしまうので、常に次のストックを用意しています。来年も着れそうなものは綺麗にして保管したり。

  子供って季節感がないので、気温に合わせて取りやすい位置にトレーナーを移動させたりとか、衣装ケースの位置をちょこちょこ変更したりしています(^_^;)

  まぁ、これらは夫に任せず私が自分でやりたいのもあるのですが。男の人って子供服に無頓着ですし服の趣味も個人差ありますしね⭐

3,ご飯のメニューを考え買い物リストを作る

  買い物でもなく、料理もしてない、なのに発生する買い物メモ作業φ(・・;調味料の在庫整理と補充もですね。

  休日は、買ってきてほしい物のメモをLINEして夫が買い物行ってくれることもあります。でも、言われたものを買うだけより、栄養バランス考えて献立組んで、買うものをリスト化する方が面倒じゃないですか?頼まれた物を買うだけなら、子供のお使いやお爺ちゃんでも可能だったりします(^_^;)

4,洗剤の補充、ティッシュ交換時カバーに入れ直す

  シャンプーが無くなっているのに何故か補充してくれない。お風呂場に詰め替え用のシャンプーを置いたこともありますが、スルー(-_-)補充してって頼めばやってくれるけど何なんでしょうか(^o^;)ティッシュもうちは、可愛いカバーに入れているのですが、夫は無くなっても新しいティッシュを出すだけで、空の箱を潰して捨ててカバーに新しいものを入れ直すのは私です。

5,掃除機内のごみ捨て、ダンボールの解体して紐で縛る

  掃除機内にゴミが貯まると吸い込みにくくなるので、たまに捨てなければなりません。が、面倒だからかなかなかやりません。

  ネット通販は便利なのに、やたらダンボールが大きくて厳重に梱包されてたりしませんか?一つ頼んだだけで、ものすごい量のゴミが出ます!大きなダンボールの解体って負担です(>_<)

6,おかずを家族ごとに小分けしてラップして冷蔵庫

 うちは、大皿に持って取るスタイルではないので、一人ずつ皿に移してるんです。食べる時間がバラバラですし、均等に分けたいのと、食べ過ぎ防止のため(^_^;)結構面倒な作業なんですが、大皿だと子供たちが食べにくいのもあって小分けスタイルから抜け出せません(^o^)

お届けしたいのは「心」と「時間」のゆとりです【家事代行サービスキャットハンド】

負担をなくすための対策

  名前のない家事は、誰でもできるのに、妻(母)である女性ばかりになっていることが多いようです。

  番組内では、

  • トイレットペーパー残り何個になれば、買い足し!と目印を付けておく
  • 調味料はマグネットに名前を書いたものを作っておき、減ってきたら冷蔵庫に貼る。

などの、視覚化して家族と共有する方法が紹介されていました!

あとは、

  • 「ゴミ捨て」=「ゴミを集めて袋をセットするところまで」と一連の流れをして完了であることを夫に教える
  • 洗濯機や掃除機についても、フィルター掃除も含めると教える

ということ。究極の方法は、

  • やらない

です(^ー^)

  敢えて手を出さず、困ったとき自分で気づかせるのです。また、自分のことは自分でやれるよう導線上に個人の置き場所を作るのが、物が散らからずにとても良さそうだったので、やってみたいと思いました(*´-`)!

 

 私なりに考えた対処法を二つだけ。

  • うちではこういう作業があるよ、と家族に示す。リストに書き出す。

がいいかなと思っています。

  私がやってるのが普通、やってくれて当たり前だと思わないように。知らないところでやってくれている家事の存在をを知ってもらいたいです(^-^)

  • 友人に聞く

  家事のやり方って各家庭で違うものです。たまに、「あれって面倒だけどどうしてる?」と友達に聞くことがあります(^o^;)意外といい方法があったり、同じことで困っていたりして、共感できるだけで気持ちが楽になったりします(*´ー`*)

【家事代行サービスのキャットハンド】 で負担を家事の軽減してみませんか?

⭐読んでいただきありがとうございます⭐