Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

看護師求人のよく出ている病院は働きにくい?看護師の求人がなくならない理由とは!

 転職しやすいとか、引く手余多と言われる看護師ですが、常に求人が絶えないのは離職率が高いからでしょうか?

  常に求人が出ているところって

  • 指導が厳しい、
  • とても忙しい病院、
  • 人間関係が良くない

  など、どこか働きにくい病院のような印象を受けるかもしれません。確かにそういうところは多いでしょう。

  でも、そう偏見やマイナスイメージを持って避けてしまうのは勿体ないかもしれません(*´ー`*)

  看護師の求人が出ているのは、以下のプラスの理由も考えられると思います。

f:id:wormama-blog:20171126215221j:image

看護師の求人が絶えないのは何故?

1,看護師の人数に対して病院の数が多い

  病院ってお店などに比べればなかなか潰れないものです。

  病院には長年通院している患者さんが多くいらっしゃるので、病院を潰すとなると、患者さんを別の病院に転院させなければなりません。産科なども、患者数は減っていても、閉鎖ではなく、お産は取り扱わず妊婦検診だけ続けて存続しているところもありますよね。

  意外と潰れない病院ですが、病院の数が減らないと、どこも人手不足のままなんです(^o^;)

  うちも、同じ地域に何軒も同じような病院があったりするので、統合した方が効率がいいのになぁと思うのですが、運営主体が違うため難しいのでしょう(>_<)

  看護師不足は、病院が多い地域だからという理由がまず考えられます。

【ジョブデポ看護師】看護師の会員登録プログラム なら

あなたの"理想の職場"が見つかる!【ジョブデポ看護師】

2,大きい総合病院は看護師の人数が多いため、辞める人数も比例する

  大病院だと毎年100人以上採用しているところもあります。それだけたくさん辞めてるの?と不安に思うかもしれませんね。たくさん退職している、それは間違いではないでしょう。

  確率論ですが、看護師数の母体が大きいと辞める人数が多いように見えます。

  看護師10人しかいない病院より、1000人いる病院の方が、一見離職率が高く見えるのですね。

  病院の規模と看護師数も視野に入れてみましょう♪

 

3,福利厚生が充実しているため、育休取得者の穴埋めのための求人である

  育休を取れる病院、または戻ってもママナースが働きやすい職場であれば、育児休暇取得者が多くなります。そのため、急に抜ける人員も見越して、あらかじめ多めに募集している場合があります。

  病院の面接で聞きにくければ、転職サイトの担当者に、育休取得者の割合など突っ込んで聞いてみるといいですね(^-^)

生の情報満載 看護師転職サイト『ナースJJ』 なら転職支援金35万円♪

4,病院側もいい人材が欲しいため、絶えず求人を出してスキルの高いナースを求めている

  求めるスキルの高い病院の場合、続かない人はどんどん辞めても、優秀な人材を絶えず求めているということがあります。

  また、大手で全国展開しているような病院の場合は、地域による看護の質のバラツキを最小限にしたいため、多くの求人を出している場合があります(*^^*)

100%お仕事紹介保証v(^^)v
看護師転職支援「ナースコンシェルジュ」

 ⭐まとめ

1,看護師の人数に対して病院の数が多い

2,大きい総合病院は看護師の人数が多いため、辞める人数も比例する

3,福利厚生が充実しているため、育休取得者の穴埋めのための求人である

4,病院側もいい人材、スキルの高いナースを求めている

 という理由が考えられます。

  求人がよく出ている病院は、マイナスイメージばかりではないのだということをお話させていただきました。

 とはいえ、看護師の離職率が高いのは否めません(-_-)ハードな職場、給料が安い、休みが少ない病院は確かに不人気でしょう。

  本当に評判が良くない病院なのか、そうではなく上記の理由で離職者が多く見えているのか、自分で見極めるのはなかなか困難です。取り越し苦労にならないよう、転職の担当者に内事情を聞いてみるのが得策です(’-’*)♪

月収45万円以上確実な看護師転職はナースパワーへおまかせ下さい  

⭐読んでいただきありがとうございます⭐