Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

看護師の働き方改革が難しい4つの理由!便利な世の中が働きにくい社会を作っている実状

⭐24時間営業の中止

  人気のレストラン、ロイヤルホストが元旦の営業を中止すると今朝のニュースで見ました!ファミリーレストランの中では、正月の営業を休むのって結構珍しいことなんだそうです。

  確かに、元旦はスーパーは閉まってたりします。過去に1月1日に食事に困ってガストに行った記憶があります(^_^;)

  日本はサービス精神が旺盛なので働きすぎなのですが、我々消費者もそれが普通になってたりします。コンビニやネット通販が少々割高でも普及しているのは、24時間いつでも利用可能だからでしょう。

  少しずつ進んでいる働き方改革ですが、看護師の場合はどうなのか書いてみますφ(..)

f:id:wormama-blog:20171124141949j:image

⭐看護師の働き方改革が難しい4つの理由

1,夜勤をなくせない

  お店ならまだ営業時間の調整も可能ですが、そうはいかないのが病院です(T-T)

  自分も入院したときは、夜勤の看護師さんにお世話になりとても感謝したものですが、自分が実際に働くとなると、とても大変な仕事だと痛感します。

  夜間は看護師が2~3人体制になるため、一人あたりの業務内容が多いし、診る患者さんの人数も増えることになります。

  ですが、夜勤のナースを無くすことは、患者さんの命に関わりますし、病院の運営にも支障をきたすので無くすことができない勤務時間帯なのです( ;∀;)就業規則に示されていれば、病院の場合は労働基準法の8時間労働をガッツリオーバーしていたとしても違反ではないらしいのです!

高級ホテル並みのホスピタリティ
看護師転職支援「ナースコンシェルジュ」

2,夜勤手当ての安さ

  夜勤はしんどいとはいえ、夜勤手当てがあるじゃないかと思われるかもしれませんが、全然割りに合わない手当てです。とても少ないです。緊急入院がきたり、患者さんが急変して亡くなったすごく忙しい夜に当たっても同じ額です。

  落ち着いている夜なら医師は寝っぱなしですが、看護師は巡回や点滴のチェック、夜中のトイレ介助など仕事がありますのでゆっくりしていられません。忙しい日は、仮眠どころか自分の晩ごはんも食べることができないほど忙しいですε=(ノ゚Д゚)ノ

3,夜勤がなければもっと薄給

  夜勤手当ても安いですが、夜勤がなければさらに薄給、時短勤務であればもっと手取額は少なくなります。看護師は一般の仕事より比較的時給はいい方ですが、忙しさと責任感を天秤にかけると割りに合わない仕事です。

  稼ぎたい人は、夜勤をたくさんすれば手取額は増えますが、その分、身体に支障が出たり、子供に寂しい思いをさせるなど、どこかで皺寄せが来ることは覚悟しなければなりません。

業界最大全国12拠点の看護師求人サイト

4,土日祝、大型連休関係なし

  また、病棟勤務では、夜勤だけでなく、土日や年末年始、ゴールデンウィークなども通常通りの勤務になるのが辛いところです。総合病院だと連休だから閉めますってのができません。入院患者さんがいるためです。

  うちの病院は休日手当てはないので、モチベーションも上がらないと漏らす看護師が多いです(゜゜;)プライベートな時間を割いている分、手当てに反映してくれてもいいのになぁと思うのですが病院の経営上難しいのでしょう。

  外来やクリニックなら土日やお盆、年末年始も休みになるのでプライベートな時間も確保できて働きやすそうですね(*^^*)

  ただ、小学生のお子さんをお持ちだと、夏休みや冬休みのような長いお休みは、祖父母に頼るか学童に預けるかしないと乗りきれません。

【美容外科求人ガイド】

⭐まとめ

  日本看護協会は、ワークライフバランスについて重視しようとしていますが、ロング日勤制度で長時間病院に拘束されたり、夜勤で家族を残して夜働いてどうやって私生活を充実させればいいのか疑問です(-ω- ?)

  夜勤明けに遊びに行ける体力や時間があるのは独身の若いナースだけではないでしょうか。たとえ体力があったとしても、子持ちナースなら夜勤明けは休んで夕方からの育児に備えたり、家事だって手抜きするにも限度があります。プライベートな時間は少ないです。

  看護協会は、看護師の復職支援に力を入れているようですが、夜勤手当てアップや休日手当てを付けたりしないと、結婚出産や体力的にもベテランナースはどんどん減っていきます。結果的に経験年数の浅い若いナースばかりになり、病院の看護の質が下がります。

  待遇の改善が一番ですが、社会が変わるのには時間がかかるので待っていられませんよね。自分で病院の態勢を変えることは難しいので、自身に合った働きやすい職場を探すのが一番だと感じます☆

  便利な世の中が働きにくい環境を作っていると言えます!!看護師以外の仕事でも、ロイヤルホストのように、どんどん従業員の心身の健康に配慮した勤務態勢に変更していただきたいものです(*^-^*)!

 看護のお仕事 なら

転職活動を全面サポート!【看護のお仕事】

⭐読んでいただありがとうございます⭐