Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

扶養範囲内で働くこと、扶養を超えて働くことのメリット、働き方、生活のゆとりは?

扶養の範囲を超えると損?

  よく言われる「130万の壁」について考えみたいと思います(*^-^*)

  社会保険料(年金、健康保険など)が引かれ、所得税や住民税の税金がアップするのが年収130万のボーダーです。

  (2016年10月からは大企業で働く一定の条件下(106万以上稼ぐなど)のパートも社会保険料を負担することになりました。)

  103万以内だと、社会保険の負担はなく、税金の控除額も大きいそう。

  それくらいだと働き方としてはフルタイムではなく適度な時間働ける働き方でしょう(^ー^)♪

  しかし、「中途半端に勤務時間を伸ばしても、年間の収入130万を超えると手取り額が減って逆に損してしまう」、という考えが女性や主婦の間ではしばしば話題になりますよね。

  本当にそうなのでしょうか(´_`)?

f:id:wormama-blog:20171117141511j:image

扶養範囲を超えて働くメリット

  先に述べたように、夫の扶養に入れば保険料が免除されたり、所得税などの控除が受けられます。妻の稼ぎが少なければ、会社によっては扶養手当も出るでしょう。そうすると、130万を少し超えた額が一番損なゾーンということになります…。

  専業主婦や扶養内パート・派遣だと年金の支払いが免除されます。しかし、しっかり勤めて厚生年金を払えば将来返ってくる年金は大きいです。老齢年金だけではやや少ないです。

  老後は一人あたり月23万円必要と言われているので、お金はあるに越したことはありません⭐

  専業主婦や扶養内パートで年金を支払う義務は免除されても、貰える権利はほとんどないということです。

  質素な暮らしでもいいならそれでもいいのでしょうが、どんな大病を患うかも分からないので少しリスクはあります。女性の寿命は男性よりかなり長いので老後を楽しみたい、老後の貧困生活を避けたい場合には、個人年金をかけたり、働けるうちにしっかり働いて厚生年金を収める方が得策だと感じます。

「扶養を超えるといろいろ引かれて損」という目先の損得で扶養の範囲内に収めて働くことは、はたしてどうなのかなと思うのです。

  扶養の範囲を越えて働く女性が増えると、

  • 貯蓄(老後資金の準備)もしっかりできる。
  • 日本の税収も潤う。
  • 自分の厚生年金も将来返ってくる。
  • 職場の人手不足も解消され仕事が楽になります。
  • 雇用保険に入れるため、失業後も手当が出て安心。
  • 労災保険に入れるため、病気で休暇中も傷病手当が出ます。

  税金、社会保険料の支払いは、実は自分にとっても社会にとってもメリットが大きいのです。

どんな働き方をするか

  とはいえ、130万以上稼ぐのはパートではなかなか大変ですよね(´-ω-`)でも、シフトに入りすぎたり、時給のいい仕事ならあやうく超えてしまうこともあるので要注意です。

  扶養内で働きたいなら職場の上司にその旨を伝える必要があります。人手不足だからとバンバンシフトに入れられたら、あやうく扶養範囲を超えてしまうことになるからです。

  一方、だいたい160万以上稼げば税金や社会保険料を引かれても手取りがある程度確保できるため、損した感覚は無くなります。

  働き方の選択肢は、

  • 少ない給与に抑えて扶養範囲内(130万以下)で働くか、
  • 社会保険料などの負担はかかっても、いっそのことしっかり働いて(160万以上)家計の手取り額を増やすか

  この二択になります。

【派遣Style】働く女性のための派遣求人サイト 気になる方はどうぞ☆

扶養範囲で働く場合の生活のゆとりは?

  扶養の範囲内で働くと、生活のゆとりはどうなるでしょうか?

  130万以下に抑えるなら、月10万くらいに月収を収める必要がありますよね。例えば、

  時給900円×一日5時間×月16日(週4日)働けば、月の収入は72000円。

とまぁ、こんな感じの働き方ですね(*`・ω・)ゞ月いくら稼ぎたいかにより、時給のいいところにしたり、勤務日数を調整することになります。

  働く目的は、だいたいが幼稚園代や習い事の足しに、貯金のため、生活の足しに、という方が多いと思います。月7~8万だと、贅沢できるほどではないものの、それだけ増えると家計は潤います♪

  ただ注意点は、例えば子供二人を保育園に預ける場合、保育料で半分近く持っていかれる場合が多いです。私立なら幼稚園代もそこそこしますよね。働くために子供を預けているのに、ほとんど保育料で引かれて手元に残らなければ金銭的なゆとりも生まれず、いったい何のために働いているのか…となる場合もあります(>д<)

  幼児教育無償化が実現すればこの問題は解決するのですが…⭐

  体力のある若い女性が、扶養の範囲内に収めるためシフトにあまり入らないとなると勿体無いという意見もあるでしょう。でも、子供が小さいうちに仕事を長時間するのも大変だし、預け先を確保するのも大変。となると、やはり扶養範囲内パートがいいなという考えがとても理解できます!

  将来の安定を取ってガッツリ働くか、今は子育てに重きを置いて適度に働くか、悩みどころです(^o^)

 【完全無料プログラミング研修&就活塾】 は就職率96.2%。未経験から正社員に向けてのカリキュラムで、一人ひとり対面式で就職支援してくれるので安心です。

 看護師転職サービスに不満を感じた事がありますか?
はい・・・(-_-;)の方は
ナースコンシェルジュ が就職決定率が高くおすすめです。

 

⭐読んでいただきありがとうございます⭐