Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

2025年問題で何が深刻なのか話してみる!課題と対策とは?

  2025年てすぐ先ですね。何でも団塊世代が75歳以上の後期高齢者になる年代だそうです(´・ω・`; )

  日本の社会保障に危機が迫っていると言われますが、何が具体的に困るのか、最近学んだことと自身の考えをまとめてみますφ(..)


f:id:wormama-blog:20171021135910j:image

⭐2025社会保障クライシス(危機)とは?

  団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になると後期高齢者は約2200万人(全体の18%)になります。

  日本は3人に1人が65歳以上という世界トップクラスの高齢化になります。

  社会保障費(介護、医療、年金)はどんどん膨らみ、現在約120兆円なのが、2025年には150兆円ほどまで増えると言われているこです。認知症の人の数も700万人を超えると予測されます。

  これが2025年問題と言われる所以です(;゜Д゜)考えただけで恐ろしい…。

 

⭐危機による影響とは?

  自民党は社会保障制度を全世代型へ転換、2020年度までに3~5歳の子供の保育園幼稚園の教育費無償化を掲げています。これって本当に可能なのでしょうか?

  医療、介護、年金、これに教育費無償化を足すとさらに社会保障費が膨らむことになります。

  現在でも介護士の成り手が少なく、2025年には介護の需要と供給のバランスが今以上にかけ離れてしまい、十分な介護サービスが受けられないかもしれません。介護難民の増加ですね。私も看護師ですので、超高齢化をひしひし感じている一人です。

  現在、税収の6割も社会保障費に当てられていますが、足りなければ介護サービスの低下、年金低下、給付削減など、将来の不安が増えることになります(;-Д-)!

 

 ⭐社会保障制度を維持するために

  実際、日本の高齢者に社会保障費を当てすぎなのですが、保障を減らすのは、票を失うことになるため選挙ではどの政党も言えません…。困ったものです。

  本当は、財源の支出を増やす対策(教育費無償化)だけでなく支出を減らす対策ももっとたくさん掲げなければなりません!!幼児教育にも財源を割きたいなら、高齢者への費用は減額しないと赤字に傾くだけで帳尻合いませんよね(^_^;)

  でも、高齢者の費用が減額されると将来の不安で、若者が余計子供を生まなくなる可能性もあるので、高齢者への投資は大幅には減らせないのかもしれません。

  社会保障費を何とか維持するために争点となっているのが消費税を10%にするかどうかですが、現在の8%から10%に上げたところで増える税収は5兆円くらいと言われています。無駄の削減や、歳出や議員を減らすといっても、この膨れ上がる社会保障費の補填にはとても追い付きません。

  財源がないのに社会保障サービスを充実させようとしているのがそもそも間違っているのです。何故借金を増やしまくってまで手厚くする必要があるのか疑問です。無いなら無いなりに社会保障サービスを減らすのが得策だと思います。国民も国のお世話になることを期待せずにある程度の自活は覚悟です。いわゆる平等に痛み分けですね。

  個人的には外国人にばらまいている生活保護費も削減してほしいですし、多くの不正受給者を取り締まってもらいたいです(^o^;)

 

⭐幼児教育無償化で少子化は止まる?

  恋活という言葉もあるように、若者が結婚どころか恋愛からも遠退いているため、独身の者からしたら、幼児教育無償化とか言われてもピンとこないのではないでしょうか?

  現在、独身男女の7割は恋人がいないそうですね。結婚しない理由として、世の中便利になり、お一人様が普通になっていて不自由しない、経済的に妻子を養うのが負担な雇用環境などが問題です。経済をよくしないと結婚する余裕もないというところでしょう(´・ω・`; )

  結婚しなければ子供は増えませんから、極端な話、結婚する人には自治体からお祝い金を出すとか、昔みたいにお見合い結婚を主流にする、無料のお見合いパーティを頻繁に地域で開催するなど、結婚を推進する社会にしていかなければ既婚者は増えないでしょう(´ヘ`;)

  結婚する人が頑張って2~3人産んだって、子供0の人が多すぎるんだから、男性の所得をアップして結婚を促進するのが一番の少子化対策だと思います(*^^*)

 

⭐まとめ

やることはこれだけでいいと思う

  • 社会保障費の維持のために

➡高齢者の医療・介護の自己負担を少し増額する、無駄の削減、消費税10%にアップ、生活保護費の見直し

  • 経済政策

➡賃金アップ、雇用促進

  • 介護士の待遇を良くし、将来の介護難民を減らす

  • 結婚を促進する社会にして少子化を止める

 

  雨ばかりなのでお天気がマシな日に期日前投票行ってきました。悪天候だと投票率が悪くなる傾向があるようですね。意識の高い方のみ投票に行くのではないでしょうか。その方がいいかもしれませんが(*´-`)

 今回の選挙では、憲法改正や消費税のことばかりで残念です…( ´△`)2025年はすぐ先で課題は山積みなので早急に対策を考えないといけないと思います。

 

⭐読んでいただきありがとうございます⭐