Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

これらの仕事が今後なくなるのは本当か? 仕事生命の危機!?

  この前驚いたことがありました。

  ケーキ屋さんで、ケーキを買って店員さんにお金を渡そうとしたら、脇に設置されていた機械の投入口にお金を入れるよう指示されたのです!お札と小銭を入れてOKボタンを押せばお釣りが返ってくるシステムです。

  ケーキの梱包は店員さんがやるものの、人が目の前にいるのにお金のやり取りは機械でするということに何とも言えない違和感を感じました(^_^;)機械の方が正確で間違いがないのでしょうが、ちょっと寂しいですね。

 
f:id:wormama-blog:20171009171649j:image

今後なくなりそうな仕事?

現在減っているであろう仕事も含めて書いてみましたφ(・ω・`)

レジ業務

  機械で商品のバーコードを読み込んで、お釣りも自動支払い機で行えば人がいなくても可能になるかもしれません。

  ただ、ポイントカードや商品券の使用、ギフト用ラッピング、ケーキの梱包など、特殊なもの、細やかな対応は人を必要とするでしょう(^-^)

 

 ホールスタッフ

  既に近所の飲み屋さんや焼肉屋さんはタッチパネル式で注文することになっています。和食チェーン店「和食さと」もそうですね。

  フードコートのようにセルフで取りに行って、食べたら自分でお膳を返すというスタイルも増えるかもしれません。

 でも、外食って楽するために行く人が多いので、全てセルフでは負担ですしお客さんの満足度も低そうですね(^o^;)人がいなくなりすぎると活気は無くなるし、ごちそうさまでした!とか言われなくなってお店側も寂しいでしょう。

  ホテルや高級料理店などではやはりホールスタッフが運ぶシステムのままでしょう。サービスも含めての価格でしょうしね。

 

 

デパートや商業施設の受付案内係

 タッチパネル式の案内表示に変われば人は必要なくなるかもしれません。買いたい商品を検索すれば販売している階と店舗をタッチパネルに表示するようなシステムです。言語変換もできれば外国の方でも使えるので、わざわざ案内係に英語を話せる人を起用しなくてもよくなります。

  ただ、急いでいるときは案内係がいないと困りますし、障害のある方など細かいニーズに応じられない可能性もあります!

 

電話オペレーター

  最近はメールでの問い合わせフォームからのやり取りも増えています。または、音声案内のみになる可能性もあります。

  既にコールセンターって繋がりにくいことが多いので、かなり人を減らしているのではないでしょうか(;゜∇゜)

  ですが、具体的な相談や困りごとは、人に直接話したいものです。説明書やヘルプガイドでは専門的で分からないこともありますしね!機械音痴な私にとってはコールセンターはなくなったら困りますね。

 

写真館

  写真を現像せずデータで持つ人が増えています。自分でパソコンに移してDVDにやけば保存できますね。年賀状印刷も然り。いいプリンター増えてます。

  スーパーや家電量販店にセルフでデジタルプリントの機械も設置されています。

  ですが、やはり写真屋さんの写真は仕上がりがとても綺麗です☆昔ながらの良さは残してほしいですね(*^-^*)スタジオアリスのような、全国展開しているフォトスタジオは商品や衣装も豊富ですし今後も生き残るでしょう。

 

一般事務

  会計ソフトの開発が進んでいるように、データ入力や、経理、給与計算などはどんどん機械化していくのではないでしょうか。

  大きな病院も自動支払い機での会計になっている所が増えていますし、今後事務系の仕事は減っていく可能性があります。

 

まとめ

  機械化することで、企業は人員を削減できます。人件費が一番お金がかかるので、その分を別の投資に回せ効率的です。消費者も、店員さんを呼ぶ手間が省けたり、待ち時間が減ったり、レジの打ち間違いが減るなどのメリットもあるでしょう。

  しかし、人との関係がさらに希薄化することが懸念されます。こども達が、知らない大人とやり取りしたり仕事をしている姿を見ることは社会勉強になりますし、高齢で機械が苦手な方も多いでしょう。自分も目や耳が不自由になると、タッチパネルや音声案内ばかりの社会では生きにくく感じることが予想されます(>д<*)

 

  一般的に、負担が軽そうだと思われるものや、細かい分析がいらずパターン化されているものは機械で行動を再現すれば人の手を介さなくても実現可能になっていくでしょう。

 これらの仕事数はゼロになるわけではないと思いますが、長く働ける仕事を探す上で考慮すべきポイントになってきます。専門的ではなかったとしても、自分にしかできない仕事や自分が求められる仕事を、 【派遣Style】働く女性のための派遣求人サイト や、条件を絞って探せる女性のための求人応援サイト

【ママワークス】 で探してみませんか(*^-^*)

   全て機械化してしまうと雇用状態も悪化するので、上記に挙げた仕事は部分的な削減はあるにしてもすぐに無くなる訳ではないと思っています。

 

⭐読んでいただきありがとうございます⭐