Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

実家の親(祖父母)に育児を頼りすぎな人が羨ましくて嫉妬しまうときの対処法5つ

  育児と仕事に両立は大変ですね。

  台風時、仕事を休むかどうかの以下の過去記事。この週末かなりのアクセスが集まり驚きました。ありがとうございます!それほど、休園時は仕事を休んでいいものか困っている人は多いのだと知ることができました!


台風で保育園休みのときの対処法!休園のため会社休むのって有り? - Beautiful Life ママナースの幸メモ

  今回は祖父母に頼りすぎな家庭を羨ましく思ってしまう自分に向き合って書いてみましたφ(..)

⭐人は人、自分は自分と思っているのですが…

 知り合いのママ友で実母のおばあちゃんに頼りまくっている人がいるのですが、そういった方って結構多いのでしょうか?

 その方は時短勤務にも関わらず、朝ごはんの時間から隣の区の実母に自宅に来てもらい朝ごはんのお世話、片付け、保育園の送迎を頼っておられます。理由は「子供が朝ごはんをダラダラ食べるから」だそう。通園3年目になり自分で送迎しようと電動自転車を購入されたのですが、やはり雨の日などほとんどおばあちゃんが送迎のお手伝いをしに来ているそうです。

  朝来て、夕方また来てっておばあちゃんも好きで孫のお世話をしているのか不明ですが、雨でも自分で必死に送迎している身としては「ちょっと親に頼りすぎでは?自分の子なのに...。」とモヤモヤしてしまうのです。どうしても、自分より甘えてる、楽してるように感じ、ひがんてしまいます…。

 たとえ祖父母に育児を頼れる環境であっても、遠慮しちゃってそこまで毎日頼っているお母さんて少ないと思うのです。私も病院に行くとか熱のときは親を呼びますが、べったり頼るのは躊躇してしまいます。逆にそこまで毎日のように頼れるのが羨ましいです。思いっきり人に頼れる性格が羨ましいのです(;-Д-)

 夫に話しても「そんなこと気になるの?人は人だって。そういう家なんでしょ。」ってアッサリ。心広いなぁ~。もやもや気にしているのは私だけでした(^o^;)

 もちろん祖父母との関わりは子供にとってプラスだと分かっています!みんなから愛されている実感を持てて情緒が安定したり、おばあちゃんからいろんな話を聞けたり遊びを教えてもらったり(^-^)頼るのもお母さんが別に悪いことをしている訳ではないし、昔はみんな同居で祖父母に頼っていましたしね。

 自分の状況も相手の環境も変えることはできないのだから、気持ちの持ち方を変えるしかないという結論に至りました。

f:id:wormama-blog:20171024111739j:image

⭐嫉妬してしまうときの対処法(気の持ちよう)

1,おばあちゃんのお世話やお迎えよりお母さんの方が嬉しいはず

  そりゃたまにおばあちゃんお迎えだと子供もテンション上がっていますが、やっぱり一日遊んで疲れた後ってお母さんの顔を一番に見たいと思うのですよね。

  そういうのって成長してからも記憶に残りますし、仕事帰りのお母さんって格好よくて好きでしたね(*^^*)

2,送迎なんて数年のこと。後でいい思い出になる。

  以前は、自転車の後ろでイヤイヤしてギャーギャー泣くこともありましたが、今日誰と遊んだとか、先生や給食の話などその日の出来事をたくさん話してくれます(^ー^)歌を歌い続けて帰ってくることもあります。後ろの椅子から前に座っている下の子に「〇ちゃん起きてる~?」って大声で話しかけたりとかね。面白いですよ(^o^)下の子は自転車大好きなので車を見て楽しそうにしています。

  自分でお迎えに行かないと、こういう貴重な時間を共有できないということです。おばあちゃんに取られているんですよ。これって勿体ないですよね。

3,保育園の様子がよく分かる

  園からのお知らせの掲示を見たり、担任の先生とのやり取りが直接可能です。連絡ノートに書くほどじゃなくても、最近困っていることなどちょっと先生に話したいなってことも言いやすいです。

  どんなお友達と仲良しで、どんな風に遊んでいるのか直接見ることができます。また、服のストックの確認やお友達の服装も見て、「もう長袖の子が多いな。」とか様子を見れます。

  園庭でトマト大きくなったね~なんて園の環境を一緒に感じ取れます♪

 

4,自分だけではない!

  転勤族の人や、祖父母が遠方、体が悪くて全然親に頼れないってお母さんもいます。頑張って一人で奮闘しているお母さんはきっとたくさんいます。どうしても親に頼りたい人は親の近くに家を構えますしね。今の環境を選んだのは自分なので、置かれた状況を受け止めるしかありません。

  大変な子育て時期を夫婦で分担して乗り切れたら、夫婦の絆はより強くなります。

5,手伝いを求めると口も出される、将来見返りを期待される可能性も…

  おばあちゃんにお世話されて育った子供って、成人して自分も母になったらまた自分の親を頼るようになります。そういう連鎖が起こります!「お母さんもおばあちゃんに頼ってたし自分も頼ろう」って心境で、それが普通なのですね。

  今、実家の親に頼ってるお母さんは自分も老後、孫の世話に追われる可能性があることを覚悟しなければなりません!

  これは、親によりますが、「孫のお世話したんだから私たちの介護は宜しくね」って思ってる祖父母、少なからずいると思います。また、育児方針に関して干渉されても、普段からお世話を頼っていると強く言い返せません。手を出されると口も出される傾向があるようですね。

  また、親のサポートありきで育児していると、親が病気で体を悪くしたり亡くなったときに、一気に今の体勢が崩れます。親もずっと元気ではありませんので、老後くらい孫のお世話で生活を圧迫するより伸び伸び過ごさせてあげるのも親孝行だと思います(o^-^o)

 

好きな時間に、好きな場所で新しい仕事のカタチ
主婦のための求人応援サイトママワークス

⭐まとめ

 祖父母に頼りすぎることにもデメリットはあることをお話しました。周囲を羨ましく感じたときは、自分の置かれた状況のメリットを見つけることが一番ですね。

  適度に頼るなら、孫に会えて喜ばれるかもしれませんが、双方適度な距離を保った方が、自分の親であっても上手くやっていけるのではないでしょうか(*^-^*)

【派遣Style】働く女性のための派遣求人サイト

⭐駄文失礼致しました!読んでいただきありがとうございます⭐