Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

冷凍食品のクオリティが高すぎる件!お総菜業界に未来はあるか?

  めざましテレビの「ココ調」コーナーで冷凍食品徹底調査の特集が組まれていました。

  まさに昨日冷凍炒飯食べたところだったのでおどろき!冷凍食品の売り上げはかなり伸びてきているらしいです。食べる頻度の調査では、週1~3回食べる人が一番多く、冷凍食品はかなり定着していることが分かります。

   下記のものが、おすすめの人気商品です♪

冷凍食品売り上げランキング2017

(2017/8 全国スーパー400店舗の調査結果)

1位 味の素 ギョーザ

2位 ニチレイ 本格炒め炒飯

3位 味の素 ザ★チャーハン

4位 味の素 やわらか若鶏から揚げ

5位 イートアンド 大阪王将 羽根つき餃子

 

 

  2位と3位の冷凍炒飯は発売から2年経つ今も接戦!

  ニチレイフードの本格炒め炒飯は、約30億円かけ超高性能システムを導入し開発したものですが、半年も経たないうちに味の素は独自開発した「コク味成分」活かしたザ★チャーハンを発売したのです。

  日本を代表する2大炒飯、是非食べてみたいですね☆

 

冷凍食品のメリット

冷凍食品のメリットとして

・保存がきく

・急速冷凍しているので、栄養価が保たれ、味も凝縮されている

というところでしょうか。

  できたての一番美味しいところで冷凍させているので味が落ちないのでしょう(^o^)

  お総菜だとその日に作られていても、店頭に数時間並んでいる間に鮮度は落ちるし、揚げものや焼きものはどうしてもフニャッとなってしまいます。賞味期限も気になりますし、先日のポテトサラダO157事件からもお総菜から足が遠のいている方も多いのではないでしょうか。

  冷凍餃子だと自宅で火を通す手間はありますが、味の素のギョーザ、かなり美味しいです!!さすが1位だけあります。よく買ってます♪5位の餃子の王将に味の素が勝ってるってすごいですよね( ´∀`)かなりクオリティ高いです。今日買いました(*ノ▽ノ)↓

 
f:id:wormama-blog:20170926102451j:image

  冷凍炒飯だとフライパンで炒め直す必要がなく、電子レンジでチンでできるのでお手軽です♪子供に「この炒飯美味しいー!!」と絶賛されるとやや微妙な気分ですが、簡単なのでストックしておくと助かります(*^-^*)

 

 お総菜のメリット

  お総菜のメリットは、お昼などにすぐ食べたい人向けだと思います。

  冷凍食品だと同じ食品が小分けされているもの(ミニハンバーグとか)はお弁当の一品向きですし、冷凍炒飯もお皿に移す手間があり、解凍に時間を要するので、仕事中や外で食べる場合はお総菜の方がお手軽です。惣菜お弁当はそのまま温めやすいです。

  また、葉野菜やお豆腐のように冷凍に向かない食材もあります!冷凍食品ってどうしても野菜少なめになりがちです。冷凍食品も万能ではないのです。デパ地下などでの豆腐サラダとか、生野菜を使ったものはお総菜ならではの良さです(*´ー`*)

 

 まとめ

  食中毒のことを考えれば冷凍食品に軍配が上がりますね。保存もきくのでストックしておけば買い物の手間が省けます。単身者や共働きで忙しい人向きですし、社会的ニーズはかなり高いでしょう。

  ですが、お総菜業界が今後縮小するかというとそうでもないと思います。冷凍食品って中身が見えません。凍っているとお弁当のように美味しそうに見せることが難しいです。パッケージを見て買うしかないので、パッと見はできたてのお総菜の方が美味しく見えます。海老フライとか冷凍食品よりお総菜の方が大きいですし結構好きです♪

  冷凍コーナーって扉付き冷凍庫に入っていたりやや閉鎖的な空間なので、お客さんの目に止まりにくい点もあります。お総菜だと、お総菜コーナーにズラーと並べて華やかに見せることができるので、視覚や嗅覚から購買意欲を刺激できるのはお総菜です。かなり売り上げあるのではないでしょうか。夕方のデパ地下なんかとても賑わってますよね⭐

  忙しい現代社会。社会的ニーズは冷凍食品同様、お総菜も高いと考えられるので、お総菜業界にも未来はあるでしょう!

 

  両方使い分けて活用したいと思います。(*^-^*)

 

⭐読んでいただきありがとうございます⭐