Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

看護師の9つの時間外業務!必要ですか?時間外労働は看護師辞めたい原因の一つ。

  久しぶりに看護師の仕事について書こうと思います(。_。)φ

 

  看護師の仕事って血圧測定や点滴、患者さんのお世話、医師の介助、看護記録だけではありません。

  患者さんと関係ないところでの業務がすごく多いのです…(´-ω-`)

  勤務中は患者さんの対応に追われるので、そういった雑務は時間外になることが多々あります。

  病院も意地悪でやってる訳ではなく、病院をより良くするため!という目的ではあるのですが。

  看護スタッフの質を上げたり、病院の機能や安全性向上のために発生する業務…。これが負担で堪らないのは私だけではないはず(;-Д-)

それぞれについて説明してみます(^ー^)

f:id:wormama-blog:20171113144446j:image

⭐看護師の9つの時間外業務

1,委員会活動

感染委員、教育委員、業務委員、事故防止委員など。その他多数の委員会があり、強制的にどこかに属さねばなりません。

  師長から「今年は○○委員ね~」って言われます。一応「何委員やりたい?」って聞かれます。正直、何もやりたくありません(^_^;)!(とは言えませんが。)

  委員のリーダーになってしまうと大変でした。委員活動の目標や年間の活動計画を組み、委員のメンバーに仕事を振り、毎月委員会の日程調整と開催、議事録準備…。皆をまとめるのは大変です。委員会ができるのは、仕事が落ち着いてからになるので日勤の後になることが多いです(´~`)

  委員会は不要とは言いませんが、無駄を省いて必要なものだけに絞ってほしいです!

 

2,病棟会議

  何かしら毎月議題が上がっているので、業務改善のために看護メンバーで話し合いを行います。時間は落ち着いている時間になるので日勤後になることが多いです。

  毎月やる必要はないです。2~3ヶ月に一回でいいと思うんですが。

 

3,勉強会の開催、参加

  病棟の特徴を活かした勉強会を開くことが多いですね。新人さん向けの勉強会もあれば、ベテランスタッフも参加する勉強会もあります。

  例えば、ICUなら救急対応とか、糖尿病内科ならインスリンについて、または新しいME機器(呼吸器や透析など)についてスタッフ全員で共有するのです。

  参加するのも時間を取られますが、開催するのも大変です。資料やスライドを作って準備する必要がありますが、本に載っていないような病棟独自の特徴に特化した内容にしなければなりません。

  勉強会自体は必要だと思いますが、強制参加はやめてほしいです。

4,研修(院内、院外)

  院内での研修は研修室や会議室で行われます。日勤中に時間を割いて行くこともあれば、時間外の日勤後になることも多いです。

  年間に何度かあり、受講回数が決まっています。時短勤務者でも強制参加です。

  院外の研修は、休日にお金を払って受講することになるのが辛いところです。

  院内の研修は内容の薄いものが多いです。残業してまで参加する必要はないですね。自費の院外研修も強制はやめてほしいです。興味がある人は勝手に行くでしょう(^-^)

 

5,学会への参加

  学会なんて全く興味ないなんて場合も、半強制的に勧められました。他県だったりします。交通費は自費です。関西~関東の往復なんて時間もお金もかかります。興味があるならまだしも興味がないなら苦痛でしかありません(;゜∇゜)

  これは研究に興味のある人だけがいけばいいです。強制なら病院から交通費を出すべきですね。

6,新人教育

  病棟の看護の質向上のためには必要な業務ではあります。

  新人さんは仕事が遅いので、指導者になってしまうとなかなか帰れません。自分の患者も、新人さんの受け持っている患者も全員状況を把握しておかなければならないのでとても大変です。新人指導は日勤業務が済んでからになることがほとんどです。

  これは仕方ない時間外業務です。しかし、毎日毎日新人指導だとすごく疲れます。同じ看護師にばかり指導を押し付けるのはやめてほしいですね。自分のことに集中して早く帰りたい日だってありますよ( ;∀;)

 

7,外来との連携(会議)

 人手不足で、外来との連携を頑張っていたりします。また、在院日数の短縮から中途半端な状態で退院してしまった患者さんは外来通院になってもフォローしてもらわなければなりません。また、患者さんへの説明内容の統一のためにも話し合いの場をもつことがあります。

  これは仕方ないのかなぁ。普段は分業なので少しくらいは連携しなければいけないのかも…。

 

8,看護研究

  これも学会と同様、興味がないと辛いですね(^o^;)ある程度の経験年数になれば、「看護研究してみない?」みたいな話が出てきたりします。もちろん、バリバリの時間外業務!!

  研究とは、普段疑問に思っていることを突き詰めて調べてみることです。もちろん研究するということは研究発表もあります(-_-)

  看護大学勤めなら研究は当たり前ですが、病院勤めの看護師が研究する意味を見出だせません(^o^;)

 

9,目標管理

  毎日何となく看護をするのではなく、目標を持って仕事しなければなりません。上半期、下半期ごとに、自分の個人目標を立てます。「頑張れば達成できる」レベルの目標を立てるのですが、これを考えるのは時間外になりますし、目標に沿って日々仕事するのも大変です( ;∀;)

  スタッフに目標を立てさせるのは、目に見えて成果を評価しやすいという病院側の都合でしょう。でも、目標を持って働いている看護師の方が患者さんから見て好感は持てそうですね⭐

⭐時間外業務まとめ

  • 委員会活動
  • 病棟会議
  • 勉強会の開催、参加
  • 研修(院内、院外)
  • 学会への参加
  • 新人教育
  • 外来との連携(会議)
  • 看護研究
  • 目標管理

でした。

多すぎる!!( 。゚Д゚。)

  

  上記の業務がついて回るのは病棟勤務の正社員の宿命だったりします。

  興味ある人だけ参加ってのができないのが辛いところです!

  育児をされていて時短勤務の看護師だと、日々の看護業務をこなすだけでも精一杯なのに、上記の雑務もどこかで時間を捻出してこなさなければなりません。お給料もらってる以上、育児中なんだから免除してなんて言えません(TДT)

  時間外業務、無駄を削減するか、せめて手当てを出してほしいです!

  パートやクリニック勤務になれば、時間外業務の種類はかなり減ると考えられます!変わりに、看護助手さんの業務(物品の補充や掃除など)しなければならないそうですが、研修や勉強会がないだけ羨ましいです。

  時間外業務の多さが今の病院を辞めたい理由の一つになっていることは言うまでもありません。転職について考え始めている今日この頃です(*^-^*)

 看護のお仕事 、ナースパワー人材センター 、看護師転職サイト『ナースJJ』あなたの"理想の職場"が見つかる!【ジョブデポ看護師】 などで働きやすい職場を探そうかなと思っています。

看護師転職サービスに不満を感じた事がある?
はい・・・(-_-;)の方は
ナースコンシェルジュ がおすすめです。

⭐読んでいただきありがとうございます⭐