Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

看護師の離婚率が高いのには納得できる理由があった!その原因を語ってみたよ!

  私の周囲でじわじわ増えてきた離婚。一般的にも今や離婚は3組に1組と言われています。看護師は離婚率が高いという噂があります。

  病棟看護師は夜勤があり、不規則勤務で土日祝関係なしなので、結婚した女性がずっと働き続けられる職場ではないです。子供を産むとさらにキャリアを続けにくい状況となります。スキルアップしたいからと、バリバリやっていると婚期が遠のくことにもなります。

  自分がどんな看護師になりたいのか理想と、生活との両立、そのバランスが非常に難しい職業です(T_T)

  病棟勤務を続けたい場合、夫や祖父母の協力が不可欠となります。そんな中、すれ違いや家事育児の分担に対する不満などから離婚に至る場合があります。

  看護師が離婚しやすい理由を考察してみました。

 
f:id:wormama-blog:20170906124038j:image

離婚率高い理由

  • 経済力がある

  大手企業には勝らないかもしれませんが、一般のOLさんよりは年収がいいのではないでしょうか。私の場合、経験5年目の頃で500万は越えていました。

   旦那さんのお給料メインで生活しなくても食べていける看護師が多いため、離婚を思いとどまることに対してハードルが低いです。

 

  • 一生仕事に困らない

  求人情報で介護・医療系の求人を見ない日はありません。クリニックや診療所とその辺に溢れています。病棟看護師が欲しくて堪らない病院は山ほどあります。ある程度の条件の妥協は必要かもしれませんが、食いっぱぐれることがないのが看護師の強みです!

  なので旦那さんがいなくても職に困らず一人で一生生きていけます。子持ちのシングルマザーも結構いらっしゃいます。

 

  • 多忙、不規則勤務ですれ違う

  病棟勤務ではシフト制、かつ残業になる日も多いです。土日祝だけでなく、ゴールデンウィークやお盆、年末年始も関係なしなのが辛いところです。子持ちで夜勤もされている方は家族の協力が不可欠です。

  バリバリ働きたい看護師にとって、そういった勤務状況を家族が理解してくれるかどうかが重要です。旦那さんもシフト制の仕事だったりすると、すれ違いが増え、家族で過ごす時間が減ってきます。コミュニケーション不足、スキンシップ不足では「何故結婚したのだろう?」と結婚に対する意味が見出だせず、それが離婚に直結することとなります。

 

  • スキルが高い人が多く、夫に同じ価値観を求めてしまう

  看護師を続けているといろいろな面でスキルが上がってきます!看護師は短時間にたくさんの業務を同時進行でこなさなければならないので、素早く正確に物事をこなす能力が高い方が多いです。

  そのため、夫が仕事から帰ってきて、ご飯食べてお風呂入って寝るみたいな自分のことだけをゆったりペースでされるとイライラしてしまいます。夫に高い家事育児能力を求めてしまうのです。そんな妻に夫も嫌気がさし、夫婦関係が悪化します。

 

  • 気が強い、根性がある

  看護師は、なるまでも大変だしなってからも大変です。離職率も高い中でこの仕事を続けるのは非常に根性のいることです。

   また血を見る機会もあり、患者さんの腕に針を刺すこともあり、時には同僚や医師に自分の意見をハッキリ伝えなければならないときもあります。スピードが求められる現場では、少々口調が荒くなってしまう看護師もいます(訂正、かなり居ます(^-^;)。気が強くないとやってられないという職業です(;゜∇゜)

  自分の意志をしっかりもっている女性が多いため、夫にガツンと言い返すこともできたりします。仕事でストレスも多いため常にイライラしていたり、強すぎる妻に癒されることもなく、結婚生活が破綻する可能性もあります。

 

ナースパワー人材センター

まとめ

  看護師の離婚に対して語ってみました(#^.^#)働きやすい環境が整えば、もう少し離婚する人も減るのかな?なんて思っています。20~30代で結婚ラッシュの次は離婚ラッシュなんてことにならないようにしたいものです。働きやすい職場探しも重要かもしれません。

 

看護師の転職ならジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】

 

【看護師さん限定】転職支援金35万円がもらえる!ナースJJ

読んでいただきありがとうございます⭐