Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

保育園選びのポイント!見学の時はここを見た方がいいよ

  うちの自治体では、来月には平成30年4月入所用の保育園申し込み書類が配布開始となります。申し込みは10月です。

   現在、保育園の見学ラッシュではないでしょうか?

   長ければ6年間お世話になる保育園。入ってから合わないため転園したいと思ってもなかなか移れないのが現状です。後悔のない選択をしたいですよね。

   どこを重視すればいいのか分からないという方、これから見学に行く方、もう行ったけどどの園にするか迷っている方に向け、保育園見学ポイントをまとめてみました。

 
f:id:wormama-blog:20170831212248j:image

⭐保育園を見学するとき押さえておきたいポイント

先生の配置、人柄

   0歳児3人に対して先生一人、1歳児5人に対して先生一人など、無理のない人数配置になっているか。

   保護者や見学者(我々)に挨拶はしているか。

  経験年数はどうでしょうか。公立の保育園より民間の保育園の方が若い方が多く感じます。うちが通っているのは民間で若い保育士が多いですが、みなさん人柄がよく特に問題は感じません(^-^)あまりに若い保育士ばかりのところは離職率が高い可能性があります。

  園長の人柄。ある保育園に見学に行った際、一方的にペラペラ話されこちらが質問の余地もないときがありました。ちょっと合わないなぁと違和感を感じるようなら考え直した方がいいです(-∀-;)園長の人柄は園全体に反映されると思います。

  養護教諭(看護師の配置)があるか。うちは無いのですが、配置されている方が安心かもしれませんね。

 

先生の園児に対する接し方

  園児に対する声かけはどうか、園児が話しかけたとききちんと話を聞いてもらえているか、感情的に叱られたりしていないか。

  お迎えに行った際にちらりとこういった場面に遭遇したことがあります。先生方も人間です。夕方になると疲れも出てきてついカッとなることもあるのかなぁ。こどもがショボンとしていて何とも可哀相でした(´・c_・`)多くの子供が一斉に先生に話しかけるので「ちょっと待っててね。後でね。」と言われていることもありますが、集団生活でこればかりは仕方がないと思っています。

 

子供たちの様子

  表情はいきいきしているか、のびのび遊べているか、どんな遊びをしているのか。部屋の広さに対する子供の人数は安全面にも影響します。

 

設備の状態

  築年数、本園・分園の有無、トイレや給食室など全体的な衛生面、園庭の有無・広さ、遊具など。

 

安全面

  階段の前にベビーゲートがあるか、屋上やプールの管理や施錠状態、避難経路と避難場所、避難訓練が毎月実施されているか

  先週埼玉で4歳の子がプールで溺れた事件がありました。安全面により注目する親御さんは多いのではないでしょうか。危ないところに子供が簡単に入れない環境になっているか聞いてみましょう。

  環境面だけでなく先生の意識はどうでしょうか。小さい子はうつぶせ寝で亡くなることもあります。「安全面で気をつけておられるところはどこですか?」と直接聞いてみるといいですよ。

  自然災害も多いので、避難場所を把握しておくと安心かもしれません。

 

別途料金

  月々の保育料は収入によって各家庭で差があります。

  別途料金として、延長保育の追加料金、行事費は年間どれくらいかかるか、絵本代、布団代、制服や帽子や通園バッグの料金があります。

 

食事面

  アレルギー対応していただけるか、手づくりおやつかどうか等です。月間メニューやその日の食事のサンプルが展示されている保育園もあるので、どんなものを食べているのか見てみましょう。

 

遊び

  外遊びの頻度、どこの公園に行くか、周囲の交通量の多さも気になります。

 

行事

  子供たちだけ参加する行事として、毎月の誕生日会、季節の行事(こどもの日、クリスマス、もちつき、節分、雛祭り、遠足)があります。

  親が参加するもの(夏祭り、運動会、生活発表会、参観、懇談)の頻度と開催される曜日を聞いてみましょう。

 

園の特色、教育

「力を入れているところ、大事にしているところは何ですか」と直接聞いてみましょう。

  外遊びをたっぷりという保育園もあれば、英語や体操、音楽の先生を呼んでお勉強、教養を養うプログラムを取り入れている園もあります。

  うちの園は食育にも力を入れており、子供たちが簡単なものを作るクッキングの他、自家栽培でトマト等を育てて収穫して食べる取り組みが行われています(o^-^o)

 

サービス

  布団のレンタルがある、毎年アルバムを作ってくれる、絵本を毎月安く貰える。お金はかかるかもしれませんが、サービス面が充実している方がありがたいです。

 

自宅からの距離

  マップで検索するより実際歩いてみると信号があったり、学生が通行の妨げになっていたりで予想外に時間がかかる場合があります。また、子供を自転車に乗せる手間やマンションのエレベーターを待つタイムロスも考慮して+5~10分はかかると思ってください

  預けて通勤するときの道順をシミュレーションしておきましょうε=(ノ・∀・)ツ

 

預かり時間

  何時から何時までが標準時間保育で、何時まで延長可能か

  うちは二ヵ所迷ったのですが、預かり時間は18:30までのところより19:00までのところを選択しました。仕事のトラブルや電車の遅延など、何があるか分かりません!急におばあちゃんがお迎えなんてこともあるかもしれないので余裕があった方がいいです。少しでも預かり時間が長いところを選んだ方が精神的に楽ですよ♪

 

募集人数

  ○歳児は何人募集予定か、園長先生に聞いてみましょう。第1希望に募集人数少なめの園を書いても入りにくいです倍率も考慮して、第○希望にするかを考えました。

 

 

まとめ

  自分の望む完璧な園など存在しないかもしれません。全ての条件を満たすことはなかなか難しいです。入れたいところは自宅から遠かったりしますし。

  どこを優先させたいのか、譲れないポイントはどこなのかをご両親が納得して決めることが大事ですね。子供がどんな風に毎日過ごしてほしいか、子供が安全に笑顔で過ごせそうかがポイントです。

  個人的には、送迎は毎日のことですので、通園距離と預かり時間が最優先事項だと思っています。

  参考になれば幸いです(*´∀`)

 

⭐読んでいただきありがとうございます⭐