Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

育休2年まで延長はデメリット多し!長く取りたいのに取れない現状とは?

 育児休暇2年まで延長可能に

  育児休暇を取れる職場が増えてきましたが、1年とか1年半とかいう職場が多いと思います。

   先日、保育園からいただいた情報誌で知ったのですが、今年の2017年10月から育児・介護休業法の改正により、育休が最大2年に延長されるとのこと。待機児童の解消を目的としたものだそうです。平成28年3月31日以降に生まれたお子さまで、保育園に入れていない場合が対象みたいです。

   原則1年だったのが1歳半、2歳と再々延長でき育児休業給付金も延長できるようになるので、経済的に助かりますね。子供の成長をゆっくり見れたり、年度途中で入れなかった子が入りやすくなる可能性があります。待機児童の多い地域に住む方にとったらありがたい話かもしれません。

 
f:id:wormama-blog:20170831212207j:image

問題点は?

   ですが、いい面ばかりではないと考えます。

  半年延長したところで状況は変わらず、2歳から入れる保証はありません(-_-)もともと2歳児クラス募集は少ない場合が多く、うちの地域では一番待機児童が多いのは2歳児です(>д<)

  今でさえ泣く泣く0歳で復職するお母さんが多いというのに何の保証もなく2年取る気になるのでしょうか?うちの保育園では4月入所時の2歳児の募集人数は2人くらいしかいません。

  私の住む自治体では、0歳、1歳で保育園に入り漏れた子がそのまま待機として翌年も残留してしまうため、2歳児のわずかな募集枠に申し込みが集中するのです。3歳になっても入れなければ諦めて幼稚園に行かれる方が増えるので3歳児以上の申し込みは激減しますが、その場合仕事復帰が難しくなりますよね。

  待機児童は一時的に減るかもしれないですが、その場しのぎであって2歳児クラスの申し込みが急増するだけではないか、と思うのです。2年は中途半端なのでどうせなら3年にした方がいいのになぁと思います(^-^;

   また、育休を長くとることによる弊害も予想されます。ブランクが空くと自分にもマイナスになる可能性があります(゚д゚)現場の状況やメンバーがガラリと変わって浦島太郎状態になるかもしれません。久しぶりで勘が鈍っていたり、役職に就きにくくなったり、キャリア組から遠ざかるかもしれません。

  法律が変わっても職場の考えが変わらなければ意味がありませんよね。職場も穴埋めの人員を長期に渡って確保しなければならず負担がかかるので、今後女性はさらに雇用されにくくなる可能性があります(>д<)長期の育休を取得するのは肩身が狭いのは変わらないかもしれません。

 

良い点も 

   今回の法案改正に伴って、育休2年延長だけでなく、未就学児を抱える配偶者に関しても育児に関する休暇制度の創設が、努力義務としてですが企業側にも通達される予定です。子の看護休暇とは別にです。これは良い傾向だと思います。

  やっぱり夫婦で協力し合えるのが一番ですね。男性が休暇を取ることに理解のある職場はどれだけあるか疑問ですが、法律できちんと定められていると職員側も申し出しやすいと思いました。

 

⭐読んでいただきありがとうございます⭐