Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

残業なしで帰るための仕事術。残業が辛い方、時短勤務のママ必見!

   一人目の育休から復帰してから、時短勤務でやっています。定時が17時終わりなのですが、1歳半までは16時までの時短勤務、それ以降は16時半までに短縮していました。

   復帰後、部署が変わったので最初は新しいことだらけでついていくのが大変でした(;´Д`)また朝は保育園に送る必要があるので、始業前に早めに出社することもできません(>д<)なので限られた7時間程度で仕事をこなす必要があります。復帰して2~3ヶ月は16時でピタっと帰れる訳ではありませんでしたが、慣れてくると徐々に効率よくこなすノウハウが身についてきました。

上司や同僚からも「朝の出勤ゆっくりなのに仕事早いね~」とよく言われるようなりました。

 
f:id:wormama-blog:20170831212538j:image

残業しないための方法

朝、勤務が始まる前に「16時に帰る!」と意気込む。

  自分で目標設定することがモチベーション維持につながります。独身の頃、仕事のあとに飲み会があるとすごい急いで仕事していた記憶があります。「仕事終わったら帰る」というスタンスから「16時に帰るから○時までに仕事終わらそう」という目標の立て方です。

 

16時に仕事を終わらせることを目指すのではなく、15時に終わらせる気持ちで動く

  よく外出の時にも10時に家を出るつもりがバタバタしていて10:15になってしまった、電車を一本乗り遅れたということがありますよね。早めの目標設定をしておけば、帰宅前の小さなトラブルにも対応できる余裕がもてます。私も15時に終わらせるつもりでも完全に終わるのは15:50くらいだったりします。目標は早め早めです。

 

朝に簡単にスケジュールを立て優先順位を決める。

  朝にある程度の予定は立てますが私の職場ではその通りに進むわけがありません。単純作業ではないので、仕事中に急なトラブルや、予定の変更は頻繁に起こり得ます。そういった時に「え~どうしよう!」とパニックにならずに、どうすればいいか冷静に、その都度タイムスケジュールを立て直し修正です。

 

何度も行ったり来たりしないで済むよう、動線上に用事を済ませる。

「5階に行ったついでにあそこに寄ってあそこに寄って‥‥」ととにかくついで作業が大事です。広いオフィスだと往復する時間がバカになりませんしエレベーターもすぐ来ませんよね。急ぎのことでなければ、ある程度用事を溜めてからまとめて処理した方が効率的です。

  簡単な作業中に電話をかけたりパソコン確認したりと同時進行でやりまくりでした。これって育児から培われた能力だったりします。家事の合間に子供のお世話でバタバタしていた多重業務が、ここで生きてくるとは意外でした。短時間に多くのことをこなす能力が自然と備わってきていたので育休中の家事育児生活も捨てたものじゃありませんね。

 

午前中が勝負。

  こなすべきことの大半は午前中に形作っておきます。午後からは確認作業や記録、資料作成などに当てられるようにします。電話連絡も午前中にしておけば、そのとき繋がらなかったりすぐ結論が出なくても、午後には折り返し電話があったり、その返答から相談し合う時間も持てます。自分の予定だけではなく上司のスケジュールも把握しておき、デスクにいる時間に相談できたら効率がいいです。

 

今日でなくてもよいことは翌日に回す(殆どないですが)。

  資料作成のようなものは自宅で下書き、入力や印刷は職場ですることが多かったです。また、考えるのは自宅で行い、同僚に相談するのは職場で、と使い分けていました。仕事中にゆっくり考え事している時間はなかったのです。

 

自分でなくてもできそうな雑務は周りの人に助けてもらう。

  その場合はきちんと感謝の意を示すこと、自分が余裕のある日は手伝う側に回るようにしています。時短勤務ってただでさえ肩身が狭いのでお荷物にならないようにしたいですよね。できることは率先して行い、人間関係を良好に保てるようコミュニケーションに気をつけていました。

 

翌日のスケジュールを帰宅前に確認。

  翌日の動き方のイメトレをしておきます。面倒に感じるかもしれませんが、やっておくと翌日朝からスムーズに動くことができます。     職場で調べものをする時間は勿体無いので、分からないことは仕事中にメモしておき、自宅で調べて翌日に備えます。

 

ミスをしないよう細心の注意を払う

  いくら仕事が早くてもミスが多ければ意味がありません。余計周りに迷惑をかけてしまいますしミスの処理にも時間を要します。

   何度も確認作業を怠らないこと、落ち着いて行うこと、手順があるなら過信して自己流でこなさず遵守することです。うちはミスがあると始末書を書いて上司に提出しなければならないので、できる限り避けたいです。そんなことをしていたら帰れなくなりますし、仕事も滞るし、何より自分が落ち込むのでミスしないのが一番です。

 

月に数回、「急いで帰らなくていい日」を作る。

  月に何回か自分の母に保育園のお迎えに行ってもらいました。あらかじめ親の都合のよい日を聞いて設定していました。その日は朝から気分が楽で楽で、本当に全然違います。翌日に回したりして溜まっていた雑務を処理できたり、いつもよりゆったりと作業できたりしました。

 

入社半年後の平均月収は50万円!営業未経験者積極採用中

まとめ

 いかがでしたでしょうか。時短勤務に対してまだまだ理解の得にくい職場もあるかと思いますが、能力があれば評価され信頼されるようになります。そのための私なりのノウハウをお伝えしました。残業が駄目な訳ではありませんが、残業なしで帰れたら早く子供のお迎えに行ってあげられるし、家事を焦らずでき精神的な余裕が違います。残業あるなしで、子供の寝かしつけの時間にも影響してくるので、できるだけ早く帰ってあげたいですね。

参考になれば幸いです。

 

⭐読んでいただきありがとうございます⭐