Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

ベビーヨガとは。参加してみた感想。効果とやりやすい時期は?

 ベビーヨガとは

  ベビーヨガとは、ヨガを通して赤ちゃんと触れあいながらスキンシップできるママのエクササイズです。ベビーヨガの効果として、赤ちゃんとの信頼関係を構築したり、リラックス効果、ママのリフレッシュやストレス解消、赤ちゃんの筋肉や運動機能に刺激を与える効果が考えられます。

  一人目が赤ちゃんの頃、地域でベビーヨガをやっていると聞いたので参加してみました。数年前の話です。

  イメージとして、赤ちゃんを高い高いしたり、持ち上げながらストレッチとかそういう感じかなぁと思っていました。

 

当日

  持ち物はバスタオルと水分、楽な服装でとのことでした。10時集合なのでその前に授乳したりと時間ギリギリでした。

  前に先生がいて、バスタオルを敷いた上で参加者がヨガをします。

  赤ちゃんはまだ三ヶ月なので一緒にできず、私のすぐそばでフローリングに寝かしている状態です。

 

  育児中って授乳や抱っこで変な姿勢が多いため、筋肉が固まっているのかあちこち痛い。久しぶりに筋をのばした感じでした。スッキリするのかもしれないけど、ヨガ初体験の私としてはなかなかきつかったです。先生は涼しげな顔で「できる方はこのポーズからさらに足を上げてみましょう~♪そして○秒キープ!」みたいなパワーアップした指示をされるのですが、これがキッツイΣ(-∀-;)

   産後の疲れた体にヨガはやるべきではないです(>д<)!

  しかも私の横で転がっている赤ちゃんが、いつぐずりだすかハラハラしながらのヨガ‥‥。赤ちゃんを抱えたり、足に乗せながらやるポーズも少しあったのですが、赤ちゃん重いし無表情だし首はまだ不安定だし、楽しいのかよく分からないヨガでした(;゜∇゜)ベビーヨガとは「ベビーとのヨガ」というより、どちらかというと「ママのためのヨガ」であって、親子で楽しむ感じではなかったですね~ひたすらママがしんどいポーズをやり続けるという修行のようなもの‥‥(^-^;もともとヨガが好きでやっていた人なら久しぶりにリフレッシュできるのでしょうが、私のように初心者で「何かベビーヨガって楽しそう~♪」みたいに興味本意で安易に参加するのは要注意です。

 

  二人目を産んだ後も、地域でベビーヨガのイベントが開かれていました。用紙には「小さいお子さんは別室でお預かりします」との記載が。なおさら「ベビーヨガ」の意味がない~!(-∀-;)別室で泣く我が子の泣き声を聞きながらヨガやっても全然リラックスできないであろうことは予想できました。以前の教訓もあったので今回は参加しませんでしたね。

 

まとめ

   自宅にヨガの本があるので、現在は自己流で肩こりに効くポーズなどをやっております。

   産後は疲れやすく、ママも赤ちゃんも外出に慣れていないことが多いです。ベビーヨガに参加するなら5~6ヶ月以降で赤ちゃんのリズムが整ってきた頃が比較的やりやすいように感じます。首も腰もグラグラ状態では支えるのに集中しなければいけないのでお座りができたほうがポーズも取りやすいです。

  赤ちゃんと触れ合えるスキシップにもなりますね(o^-^o)

 

 

⭐読んでいただきありがとうございます⭐