Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

ミニオンの魅力とは?人気の理由4つ!映画「ミニオンズ」感想レビュー。

  ミニオンて子供にも大人にもすごい人気ですよね(#^.^#)

   以前、大阪のユニバーサルスタジオジャパンで大勢の人が黄色い服とオーバーオール、眼鏡スタイルで楽しそうに仮装されているのをテレビ見て不思議に思っていました。

   何故ならミニオンって、リラックマやキティちゃんのような明らかな可愛い路線ではない、失礼ながらブサカワの部類だと思うからです(^-^;小さい謎の黄色い生き物ですよね。髪も少なくて目玉が1つだったり。最初はどこが魅力的なのか理解しがたいという印象でしたが、映画「ミニオンズ」を見るとその認識が少し変わったのでお伝えしたいと思います。

  ミニオンの魅力について考えてみました。

 
f:id:wormama-blog:20170818185236j:image

ミニオンが人気の理由4つ

  • 小さい同じような姿がたくさんチョコマカしている動きが面白くて可愛い

   単独ではイマイチな見た目だったとしても、例を挙げると「トイ・ストーリー」のリトルグリーンマンや、「もののけ姫」のこだま、「アンパンマン」のカビルンルンと同様に、小さい同じ生き物がたくさんちょこまか動いているのが「可愛い」と思わせるのだと考えます。

 

  • 日本語でも英語でもないミニオン特有の言葉を話している。にも関わらず周囲の人間とコミュニケーション可能。

   不思議な早口言葉で、たまに日本語っぽい単語が聞き取れることがあるものの大半は何て言っているか分からない特殊な言語です。でも、身振りや表情でだいたいのことが分かってしまうすごく不思議なコミュニケーションツールを持っていると思いました。

  ミニオンの動作から心情や話の流れを推測するため、視聴者側も眼が離せず「理解してあげたい」という気持ちにさせられますよね。全身を使って大きく身ぶり手振りするミニオンは可愛らしいです❤

 

  • 人間が違和感なくミニオンを受け入れている。

   これは映画を見るなかで、しばしば違和感を感じたことです。普通、急にあんな不思議な生き物が現れたら卒倒しそうなものですが、案外普通に受け入れられているのです(^-^;!

  ミニオンズが生活している場所と人間界は別の場所のようですが、最初こそ人間も驚くものの、すぐに好意的にコミュニケーションを取ってもらえたり急に国王になったりとか。きっと見た目や人種で差別のない社会なんでしょう。理想的な世界ですね。

  また、「悪党を探してボスに仕える」っていう超常識はずれな行動を許されている世界がすごいと思います。それがミニオンズの常識であり、一生懸命奮闘する姿につい応援したくなります♪

 

  • ピンチをポジティブに乗り切れる力がある。

   高いところから落ちそうになったり、敵にやられそうになったりピンチが何度も訪れます。にも関わらず、毎回ラッキーな感じで乗り越えられているのです。動きも俊敏で大惨事にはならないので、こちらもハラハラせずに楽しく見ることができました。最後、ケビンがもしかして死んでしまったのか?と思いましたが、「いやそんなはずないだろう」という期待を持たせてくれるポジティブなキャラクターだと思います。

 

まとめ

   映画を見てみて、ミニオンはとても楽しそうに生きていると思いました。そんな姿が現代社会の疲れた人間にとってはすごく羨ましい存在なのでしょう。

   何故あんなにミニオンの仮装が流行ったのかという点については、黄色のロンティーにオーバーオール、ゴーグルでなりきれるので、単純に仮装しやすいだけでなく、友達や知らない人とも大勢で楽しめる、ミニオンになりきって現実逃避できるというメリットがあるのだと考えます。

  新作映画、怪盗グルー偏も気になっています(o^-^o)

 

USJ周辺ホテル格安予約は一休.com

 

⭐読んでいただきありがとうございます⭐