Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

ポケモンの世界って羨ましい。疲れてるときそう思う。

  ポケモンって今も人気ですよね。私が小学生の頃、第一次ブームでした。

  当時はゲームボーイでした。ハマって放課後毎日やっていましたね。新しいポケモンを捕まえる達成感、レベルが上がると技を覚えたり進化してどんどん強くなっていくのが楽しいのです。エンカウント率の低いポケモンに出くわしたときはテンション上がりますし、お気に入りのポケモンを仲間にできると嬉しいものです♪可愛いポケモンは好きなのですが弱い傾向があるので、いかつい系も仲間に入れてみたり試行錯誤しながら戦い、物語は進みます。




f:id:wormama-blog:20170808161908j:image


   なぜポケモンの世界が羨ましいかというと、主人公サトシは小学生(設定10歳)なのに学校も行かず、ポケモンマスターを目指して旅をしている設定(゜▽゜*)!これが何とも羨ましい(^-^;こんなこと許されるのか?子供でも大人でも自分のやりたいこと、好きなことだけして許される人ってほぼいませんよね!自由すぎる主人公。

   ポケモンからしたら大迷惑ですけどね。普段は小さいモンスターボールに収容されて、バトルのときだけ出されるなんて(*_*)食事とかお世話してないじゃん。しかも戦って傷つくのはポケモンであって、トレーナーのサトシは無傷だから余裕。ご主人の自己都合によりバトルに出れたり出れなかったり(;゜∇゜)それで勝ったらお金もらえるシステムはまさにギャンブルです(^-^;

   私はアニメの方はあまり知らないのですが、その辺親はどう思ってるのだろうと考えてしまうのです。お父さんも旅に出ている設定らしく、ろくな親じゃないだろな。自分の息子だったら嫌だわ~!勉強してくれ。現実逃避しすぎ。学力大丈夫?ポケモンマスターで食べていけんの?とツッコミたい。

 

  今日も可愛いピカチュウを脇に連れて放浪するサトシなのでした。

 

 

⭐読んでいただきありがとうございます⭐