Beautiful Life~ワーキングママ えーこの幸メモ~

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

仕事を辞めたくなるとき。モチベーションを保つ考え方。

仕事行きたくない~と思うとき( ;∀;)ありますよね。私の場合、以下のとき

行きたくなくなります。

 

⭐行きたくない理由、辞めたくなるとき。

  • 連休明けや月曜。特に大型連休の後は憂鬱で仕方ないです。連休明けが雨だったら気分は最悪です(^-^;
  • 嫌なことがあったとき。仕事面で失敗したとか、先輩に嫌味を言われたとか、困難な業務の担当になってしまったとか‥‥どこの部署に行っても人間関係に悩むことが多いです(;_・)
  • 仕事に自信をなくしたとき。仕事が上手くいかなかったり、同僚に迷惑をかけてしまったとき「この仕事向いてないなぁ」と思います(´д`|||)
  • 母や周りの専業主婦のママ友が優雅に見えたとき。専業主婦、羨ましくて堪りません(°▽°)それなりに悩みはあるのだろうけれど、仕事と人間関係のストレスといったら(^-^;育休中は期間限定で専業主婦を味わいました。節約は必要になるけれどストレスが減りました。インドア派なので自宅にいることは苦痛ではないです。
  • 家族と予定が合わないとき。シフト制なので、土日もGWも年末年始も関係なしです。別に休日出勤の手当がつく訳ではなく、土日休みの仕事が羨ましいです。子供や夫が休みなのに自分だけ仕事に出るのは辛いです。
  • 体調が悪いときや夫が多忙で家事と育児を一人でこなしているとき。悪気はなくてもイライラしてしまいます。「何で私ばっかり‥‥不公平すぎる(`Δ´)」と。

 
f:id:wormama-blog:20170718184542j:image

⭐仕事のモチベーションを保つ考え方

  • ボーナスや毎月のお給料が出ると、「あともうちょっと頑張ろうかなぁ。」という気持ちになってしまいます。育休中実感したのが、当たり前のように毎月振り込まれていたお給料が途絶えると、貯金は減る一方なので途端に不安にかられます。当たり前のことのように思えてそうではないのです。本当にありがたいことなのだと実感しました。
  • 外食したり服を買ったとき「働いてるからこれができるんだよなぁ」と実感。単純に自分が稼いだお金で何か買えるのはいいものです。人にプレゼントをあげるのも満足感があります。
  • 先の楽しみを作る。連休が終わると鬱々としてしまいますが、来月行きたいところ、やりたいことを家族と相談して楽しい予定を立てておくとそれまでまた頑張る糧になります。レジャーではなくても、「来月実家帰ろう」とか「来週お菓子作ろう」みたいなのでもOKです。
  • 毎週の楽しみを作る。私の場合、好きなドラマを録画しているので「来週はどんな展開になるんだろう。楽しみ♪」という心境になれます。特に辛い月曜は、月9ドラマを見ることで「楽しみな日」に置き換えています。夫は漫画雑誌を毎週読んでいます。
  • 仕事をしている自分を好きになる。格好良いと思う。家での顔とは違っている自分を客観的に評価し「私って頑張ってるよな」と褒める。子供に仕事の話をすると「お母さんすごい!」と言ってくれることがあります。家族に褒めてもらうのもモチベーション上がります。
  • 気の合う人を見つけて職場の居心地をよくする。気の合う人がいるだけで、仕事内容が辛くても乗り越えられたりしました。同じ仕事をしているからこそ、辛さや面白い出来事も共感し合えたりします。人間関係ってすごく重要です。
  • 貯金が増えるので将来への不安が少ない。大きな出費があっても多少は大丈夫です。お金はあっても邪魔にはなりません。元気で動けるうちは稼いでおいて、アラフォー、アラフィフくらいには引退したいのが本音ですが。
  • 将来の年金額が増える。扶養の範囲内での仕事や専業主婦だと年金は控除されても、将来貰える額は夫婦で22万ほどだそうです。貯金を切り崩して老後生活するのはカツカツかもしれません。有料老人ホームは一人毎月15~18万くらいはかかるので、夫の年金だけでは難しいです!共働きを頑張れば夫婦で老人ホームに入ることも可能です。公的年金は生きている限り貰えるので、納めておいた方が無難です。

⭐まとめ

   辞めたい理由はたくさんあっても何とか続けてこられています。やはり、仕事を続けるには仕事をすることのメリットを重視することが大切です。辞めるのはいつでもできるので、仕事をするデメリットがメリットを上回ったときに考え直すので遅くはありません

   続けるのは努力と忍耐が必要ですよね。「とりあえずあと三ヶ月続けよう」「次のボーナスが出るまで頑張ろう」「子供が○歳までは続けよう」など短期目標を設定し、目先の目標を順番にこなしていくことが続けられるコツです。自分へのご褒美的なものでもいいと思います。そうやって皆乗り越えてきて気づいたら20年働いてたとか、そういう感じじゃないでしょうか。仕事は楽しいものではない、生活のためと割りきっている人も多いかもしれませんね。

  辞めると決めたなら、無職の期間を短くするため転職活動も仕事と同時並行して行う方が無難です。

 

   自分に言い聞かせるためにも今回の記事を書いてみました(*^O^*)こちらの記事も是非ご覧ください。

 
仕事で激しく失敗したときの立ち直り方 - ワーキングママえーこの幸メモ~貪欲に生きる~

 

⭐読んでいただきありがとうございます⭐