Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

子どもの習い事はいつから?お勉強系は必要?

   3~4歳くらいになると習い事を始める子が周りに増えました。それも公文のようなお勉強系が。近所にあるのですが、いつもたくさんのママチャリが止まっています。保育園のお友達も国語や算数、英語などを習い始める子が出てくると、何か遅れを取っているようで焦り始めました(;゜0゜)

   毎月送られてくる学習教材も検討してみましたが、おもちゃやカード、DVDで学ぶ教材が多いですよね。キャラクターがついていて可愛いですが、家がおもちゃで溢れかえりそう、毎月送られてくる教材に追われそうだなぁと思いました。カードやDVDも親が積極的に見せて介入する必要がありそうでした。なので学習教材はやめに。

 

  やっぱり何か習った方がいいのか...( ̄ー ̄)

 

  しかし、よーく考えて「うちはうち!」と思い直し、周りに流されずにお勉強系(公文など塾系)は習いませんでした!

   私は大学で子どもの成長発達について学ぶ機会がありました。それもふまえて、私の主観ではお勉強系の習い事は幼児期に必要ないと考えています。

その理由は以下の通りです。

 

⭐お勉強系の習い事が幼児期に必要ない理由

遊び中心でいられるのは未就学児の間だけです。小学校に入れば嫌でも勉強やテストが付いて回るのに、単純に「遊び盛りなのにかわいそう」と思ってしまうのです(>д<)敢えてお勉強系の習い事をさせて先取り教育する必要はないかなと考えます。

幼児期に必要なのは、日常生活活動(トイレやお風呂、食事動作、衛生面や礼儀など)の自立を目指すこと、遊びを通して友人関係を広げ社会生活を学ぶこと運動や音楽活動が心身の成長発達や情緒の安定を促すことだと考えます。どうせやるなら、ピアノや水泳のような芸術系やスポーツ系をやらせてあげたいです♪

・幼児期は規則正しい生活の習慣づけ、バランスの取れた食事、おうちで親に甘えたりお話する時間を作ってあげるなど、当たり前のことがとても重要な時期です。お勉強で、家族との会話が減ったり、食事の時間や就寝時間が遅くなると本末転倒です。

親が教えられるならわざわざ月謝を払ってまで必要ないのでは...と考えます。

教え方が上手な先生が教えればそりゃ成績アップするのかもしれませんが(^-^;)月謝はそこそこします。一教科6千円程度。ドリルを買って家庭でやる方が安くつきます。家庭ではどうも集中できない、親が手に追えない場合に考え直すのでも遅くはありません。

働いていると習い事の送迎の時間が取れない、仕事もシフト制なので曜日の固定が難しいです。未就学児では一人で外出させられませんので必ず両親どちらかの都合をつける必要があります。

・お勉強系の習い事では先取り教育をするため、理解している気になって学校の授業をきちんと聞かなくなる、先生のやり方と違う解き方で回答してしまうことがあり得ます。

習い事での宿題も出ます。学校の宿題+習い事の宿題では友達と遊ぶ時間もないし、親もそこまで見てあげる余裕がないと思っています。

・うちは特に中学受験など考えていないので、そこまで早期から学習面に投資するつもりがないです。

本人のやる気が伴わないと力がつかない、「やらされてる感」の中での習い事は身になりません。

  習い事をやらせるなら目的を明確にすることが大切です。例えば、苦手意識を払拭するため、学校でお勉強についていけるように、中学受験のためなど。焦ってやみくもにやらせるのではなく、本人のやる気と目的をはっきりさせることが大切だと思います。


f:id:wormama-blog:20170711101300j:image

 

 ⭐まとめ

幼児期のお勉強自体を否定している訳ではありません。

焦っていた自分に言い聞かせるためにも記事にしてみました(*^^*)

うちも全くやらせないつもりはなく、苦手意識の克服、という目的で英会話はやらせてあげようかなぁと思っています。あとは、プールやピアノのような運動系、音楽系を考えています。現在は市販のドリルでひらがなと数字を家庭で本人のペースに合わせてゆっくり教えています。

 

⭐参考になれば幸いです。私の主観も入っていたと思いますが、読んでいただきありがとうございます⭐