Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

ワンオペ育児中、夫に遠慮してしまう理由

  夫は7時半に家を出て23時頃帰宅のため、平日はほぼ一人で育児している状態です。

   頼んでいることは、ゴミ出しと子供の朝の着替えくらいです。といっても各部屋のゴミを大袋に集める作業や、前日の晩に着替えを用意するのは私なので、夫は用意されたゴミをゴミ捨て場に持って降りる、オムツを替えて用意された服を着せるだけですが(^-^;)

  なかなか大変なときも多いですが、私が人に頼るのが上手でないため夫のいる土日でも自分だけでこなしてしまうことが多かったです。

  ちなみに、夫は温厚な性格で頼んだことは嫌な顔せずやってくれるタイプです☆

 

 

私が夫に頼らない理由

家事のやり方に満足できない。

   お風呂洗いを頼むと洗うのは浴槽の中のみ( ̄ー ̄)週1回は床を磨いたり排水溝掃除もしたいし、お風呂の蓋もたまには洗ってほしいんですが。台所の片付けや洗濯物の干し方も雑だったりするので、結局二度手間になってしまいます。

  ただ、どうしてもしんどいときは夫に頼るようにしていますし、快く引き受けてくれたときはお礼を言い感謝しています(*^^*)

 

指示しないと動けない

  「何でやってくれないの、気が利かないなー」と思っていましたが、友人にも聞いてみたところ同じような方が多く、男性は普段家にいないため、家で必要な作業が分からないのだと判明!

   察する能力も低いため、こちらがバタバタしていることにも気づかずのんびりしてしまうのです。「私は今これしてるから、○○やってくれたら助かるんだけど」という声かけをすれば「あ、そうか!」と分かってくれたりします(^-^;)

 

いちいち「ありがとう」というのがシャク(^-^;)

   お互い感謝しあって尊敬し合うのが理想ですが、平日の家事育児分担は9:1くらい(もしくはそれ以上)の割合なので、ちょっとお風呂を洗ってもらったくらいで「ありがとう」とかいうのが正直わりに合わないと感じます。私の方がもっといろいろやってるよ、という感じです。心が狭いと思いますが。。。仕事から帰ってから寝かしつけまで、家事と子供の世話、翌日の準備でノンストップなので、ちょっと手伝ったくらいでは十分な戦力にはなっていないのですよね( ノД`)…

 

どう頑張っても夫ほど稼げないから

  仕事をセーブしていなくても夫の収入ほどは稼げません。また一生仕事をしなくてはならない夫と、一旦退職したりパート勤務になることが可能な私では仕事への責任感も違うよなぁと思うのです。なので頑張って仕事をしてくれている夫には感謝せねば!と思っています。

 
f:id:wormama-blog:20170718190017j:image

イライラ対策

・土日一人になる時間をもらう。子供を連れだしてもらうことが多いです。その間に好きなことをして気分転換させてもらいます。

・土日どちらかは晩ごはんを作ってもらう。買い物もしてもらう。

・土日どちらかは風呂掃除をしっかりやってもらう。

・たまには愚痴を聞いてもらう。

・一緒に楽しいことをする、美味しいものを食べる、お出掛けの予定を立てる。

 

まとめ

  平日は分担不可能なので、夫の協力は土日に期待している状態です。土日もほとんど私が家事育児やっていますが、過労で倒れでもしたら大変なので、できるだけ夫も休ませてあげたいと思って動いています。子供がもう少し成長すれば、少しずつ楽になるのかなぁと考えています。短時間でも会話する時間を持って、辛かったことや楽しいことも共有するよう心がけています。

 

 

☆読んでいただきありがとうございます。これからも仲良くやっていけるよう頑張ります。☆