Beautiful Life~ワーキングママ えーこの幸メモ~

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

肌が綺麗な人の「特別なことはしてません」は本当でした。

ニキビ肌~化粧品ジプシーだった20代前半( TДT)

30代の今の方が綺麗な肌を維持しています。

若い頃、ニキビ肌にとても悩んでいました。

   皮膚科ではニキビの塗り薬や抗生剤の内服をもらい、美容皮膚科ではフォトフェイシャルやイオン導入、ピーリング石鹸の使用を行いました。また、ニキビ改善に効果的といわれる基礎化粧品をいろいろ試したりと、月に何万円もつぎこんでいました(;_・)

   テレビや雑誌のインタビューで、よく綺麗な女優さんやモデルさんが、「普段のスキンケアは?」と、聞かれて「特別なことはしてません」とか、せいぜい「保湿をこまめにしています」みたいなコメントを見て、絶対ウソだ!どうせ高い化粧品使ってエステ行きまくってるに違いないなんて思っていました。

  私も基本的な保湿や紫外線対策、食事睡眠などの生活習慣の改善、タオルや枕カバーを清潔に保つ、ストレス解消も意識していました。

   でもニキビはひっきりなしに増えるし、一度できると赤く腫れ上がるまで化膿して治るのに時間がかかり跡が残って汚肌になる一方でした(/´△`\)汚肌は女性には致命的です。化粧を厚塗りして粗を隠す→化粧が濃いためクレンジングと洗顔でしっかり洗う→洗いすぎて乾燥によるニキビができるという悪循環に陥っていました。

 

特別なことはしない=「シンプルなケアが一番」と知る

悟ったのは一人目妊娠初期に体調不良で入院したときです。

   入院中はスッピンのため、ダブル洗顔(クレンジング+洗顔フォーム)をしなくてすみ、固形石鹸のみ。肌をこする機会が減ることで刺激が減り、乾燥もマシになりました。

  いくら高い化粧品、保湿力の高いものを使用していても、過剰な洗顔が皮脂を取りすぎて乾燥を招き、ニキビを繰り返していたのです。乾燥は過剰な皮脂分泌を誘発するため、毛穴詰まりもひどかったのですが、それも改善されキメの整った滑らかな肌に!

  洗顔フォームは界面活性剤が多く肌に負担をかけるため、まずは洗顔フォームをやめ固形石鹸に変更しました。

   入院中はともかく仕事でファンデーションを塗らないわけにはいかないので、クレンジングはどうしようか悩んだ結果、石鹸で落とせるBBクリームに変えました。化粧下地が不要になったので肌をこする回数が減るだけでなく、時短&節約にもなったのです。

   肌の乾燥がなくなると基礎体力が上がり、肌のバリア機能が維持されるため肌荒れ・ニキビと無縁に(^o^)b肌が元気だと基礎化粧品もドラッグストアで売っている安いものやオールインワンでも満足できるように!

今までつぎ込んでいたお金は何だったのか、と思いましたo(T□T)o

肌が綺麗だと自信もついて堂々と人の目を見て話せたり、若く見られるようにもなりました!化粧品コーナーでの肌年齢チェックでも実年齢より若くデータが出ます。昔はニキビ&ニキビ跡だらけだったというと驚かれるほどです。

 

今も継続しているスキンケア

非常にシンプルです。そして経済的です。

【朝】:水洗顔➡化粧水+乳液➡BBクリーム

【夜】:石鹸洗顔➡化粧水+乳液(➡時間がある日は美容液orアイクリーム)

 

 これだけです♪まさに「特別なことはしてません」状態です(^ー^)

  BBクリームは化粧下地+日焼け止めの機能も含まれているため楽チンです。

   化粧水・美容液・乳液のオールインワンのものも便利です。

   朝は水洗顔ですが、たった6~8時間程度の睡眠の間に石鹸洗顔しなければならないほど肌は汚れませんので水のみで十分なのです。

 

 間違ったスキンケアから学んだ事、意識して継続している習慣

   美容医療や高い化粧品、ピーリング石鹸は肌が弱っているときに行うものではないと学びました。肌の基礎体力があってこそ効果を発揮するものであり、闇雲に行うものではありません。私はすがる思いで繰り返していたのですが、弱った肌にニキビ跡を消すためのフォトフェイシャルを行い、ピーリングのしすぎで乾燥の助長を招き自分で自分の肌を傷めつけていたのです。美容医療に頼る前に、肌トラブルの改善には肌の保湿力を取り戻し基礎体力を維持することがまず先決です。

 

   基礎化粧品選びについては、書籍で肌の美容成分について勉強し、保湿成分、美白成分、アンチエイジングに効果的な成分が含まれている化粧品を使用しています。主に、セラミドヒアルロン酸、ビタミンC誘導体、アルブチン、mトラネキサム酸、レチノールが含まれているか確認して購入しています。ドラッグストアの安い化粧品でもありますよ(*^.^*)
f:id:wormama-blog:20170529121321j:image

   また、子供が生まれたことで早寝の習慣がつきました。美肌のゴールデンタイム(肌の修復を助ける成長ホルモンが分泌される22~2時)を逃さず就寝することが、どんな極上のエステより美肌への近道なのです。

 

 

 

★⭐読んでくださりありがとうございます❗

少しでも美肌に近づくための参考になれば幸いです( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆★⭐