Beautiful Life~ワーキングママ えーこの幸メモ~

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

私なりの育児中のストレス解消方法

子供が幼い頃は母親にべったりですよね。可愛い半面、自分の時間の無さに窮屈に感じてしまうこともあります。夫が不在がちだと育児をママ一人で担うのは責任もありますし疲れてしまいます。

   私の場合、下の子が赤ちゃんの頃、上の子(2~3歳)のイヤイヤ期と赤ちゃん返りも合体し、ささいなことで癇癪を起こしたり泣いたりする子に精神的に参ってしまいました。

日中保育園に通っているにも関わらず、夕方お迎えに行くと私の体に蕁麻疹が出るように( TДT)上の子にアレルギー反応を起こすなんて完全に育児ストレスでしたo(T□T)o

 

ストレス発散といっても、一人でどこかに逃亡する訳にもいかずいつも赤ちゃんとセットですが、その中でもできる気分転換を見つけていましたd=(^o^)

 
f:id:wormama-blog:20170808151934j:image

1:一日の中で数分でも好きなことをして自分の時間をもつ。

   赤ちゃんが起きていても大人しい間は自分も横になりながらテレビを見たり読書していました。肩こりがひどかったので自宅でヨガをしたり骨盤体操をしてメンテナンスも。また、好きなアーティストの音楽を聴きながらおやつを食べることが唯一の息抜きでした(*´ω`*)

 

2:昼寝する、または横になる時間を少しでも作る

赤ちゃんが寝てるタイミングで30分でもいいので昼寝するか横たわると体がスッキリします。家事を頑張りすぎると休む暇がなくなるので、洗濯物畳みなど家事に上の子を巻き込むようにしていました(p^-^)p

 

3:何かにハマる。打ち込めること、楽しみを見つける。

   私の場合、睡眠時間を少し削ってでも何か趣味のことをする方がリフレッシュできました。フリマアプリやブログにはまることで育児以外の視野を持つことができました。

   漫画や連続ドラマを楽しみにするなど毎日些細な楽しみを見つけることも支えでした。ファッション雑誌でトレンドを知ることも刺激になりますし、子供服のブランドに詳しくなるとフリマで安く手に入れた子供服のコーディネートを考えるのも楽しかったです♪

母親としてだけでなく「自分が自分でいるための時間」を作ることが有効だと感じました。

   スキルアップのための勉強に打ち込むなど育児以外に集中できること、自分の世界を持つこともお薦めです(*^^*)

 

4:一人でカフェにいく

近所に珈琲屋さん、ドーナツ屋さんがあったので定期的に出る新作をチェックするのが日課に(*^.^*)頻回に行くことは難しいので、テイクアウトが多かったですが、家族に子供を預けるか赤ちゃんが大人しいときを見計らってベビーカーに乗せてカフェに入ったこともあります。

 

5:たまにママ友と会う

「たまに」というのが大事です。ママ友とのやりとりは頻回だと負担になることもあります。ママ友グループに入ってしまうと抜けたくても抜けられません。付かず離れずで、困ったときに悩みを共有したり相談できるくらいの関係が一番楽チンでした。

 

6:親など手伝ってくれる人に来てもらう

   祖父母がいると上の子のイヤイヤがマシになりいい子に過ごしてくれることが多かったので、たまに来てもらって遊び相手になってもらいました。その間に買い物にいったり美容院に行ったり溜まった家事をさせてもらいました。友人には言いにくい愚痴や子育ての悩み事を親に聞いてもらうだけでも心が軽くなりました( ;∀;)

 

 

⭐⭐以上、私なりの気分転換でした。育児中は仕事のようにオンオフの切り替えができないため、24時間頑張ってる感じになりますよね。その中でも少しでも自分らしくいられる時間を作りたいですね。読んでくださりありがとうございます⭐⭐