Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

子連れでのおでかけを楽しめない...(ToT)楽しみたい!ヾ(@゜▽゜@)ノ

子連れでのおでかけを楽しみたい♪でも毎回ぐったり疲れます(´д`|||)リフレッシュするつもりが何故でしょうか(*ToT)

何が大変なのか挙げてみました。そして、楽しむための工夫や対策を考えてみました(*´ω`*)

 
f:id:wormama-blog:20170530131019j:image

☆これが大変!子連れの外出

・持ち物が多い。

  オムツ、お尻拭き、着替え、おもちゃ、オヤツ、水筒、マグ、エプロン、ミルクか授乳ケープ、保険証と母子手帳。トイトレ中はズボンとパンツ多めでした。途中でぐずったり寝たときのために抱っこ紐、ベビーカー。急な天候の変化に備え、防寒着や帽子、ベビーカー用レインカバーも積んでいました。

 

・授乳室が少ない

   大きな駅の大手家電量販店や、結婚式場のあるような大きなホテルにも無かったのには驚きました。子連れ歓迎とうたっているレストランでも授乳室はありませんでした。

 

・途中でぐずったり走り回ってゆっくり見れない、買いたいものが買えない!

   3つ買いたいものがあって出掛けたとき、上の子がうろちょろして商品をいじったりするので1つしか買えませんでした(;o;)焦って選んで後悔するのも嫌ですし、諦めて優先度の高いものだけ買いました。子供達が幼いと商品を見比べてゆっくり吟味する余裕がありません(´д`|||)

・トイレが混んでいる、汚ない。

    女子トイレや車イス用のトイレはなかなか空きませんし、土日は観光地のトイレは激混みです。和式トイレだったり汚かったりで入るのを躊躇してしまうことも(^_^;)

 

・段差が多いためベビーカーは不便。

   ベビーカーは荷物を積めたり、子供が寝たときに乗せたり、乗せて歩いている間にうとうと寝てくれることもあるので便利です。が、エレベーターは小さいし並ぶことが多いです。エレベーターに乗る人って基本的にベビーカーか、高齢でカートを押している方か、スーツケースなど大型の荷物を持っている方が多いですよね。なのに2組乗るとパンパンで次のエレベーターを待つハメになります。駅ではエレベーター乗り場までぐるっと遠回りしなければならず時間ロスの結果、電車一本乗り遅れるなんてザラでした。ベビーカーを畳んでエスカレーターに乗ることもありましたが結構面倒です(>_<)

 

・抱っこー!と急に歩かなくなったり、ベビーカーも乗らない状態になるとひたすら抱っこ。

   機嫌を損ねたり、空腹、眠くなるとガス欠   状態になり歩かなくなることがあります。2~3歳では15kgくらいあるので夫がいないと乗り切れませんでした。

 

・迷子にならないか、怪我をしないか、人様に迷惑をかけないか神経をすり減らす。

   帰りに電車で眠くてウトウトとかできません(∋_∈)公共機関でのマナーは親の責任なので機嫌を損ねないよう、騒がないよう気をつかいます。

 

・こどもの入れる店が少ない

  都会のお店ほど店内が狭くベビーカーが入れません。スペースはあったとしてもオシャレな雰囲気のお店は避けてしまいます。また、お子様ランチのような子供向けメニューがあるところを選ぶか持ち込むしかありません。

 

 ☆対策 

・一人ではなくサポートしてくれる人と出掛ける。夫、祖父母、ママ友など。

・子供達全員連れていくのは大変なので、上の子が幼稚園や小学校に行ってる間に下の子だけ連れていく。

・子供はまっすぐ歩いてくれないので、自転車で行ける距離なら少々頑張って自転車で行く方が楽です。電車のような公共機関では迷惑になるかもと肩身が狭い思いをすることがあります。移動は車が一番楽でしょうか。

・お昼寝の時間に合わせて出掛ける。ベビーカーで寝てくれたらその間に買い物したりカフェに入れます♪

・事前に授乳室の場所をチェックしておく。授乳ケープ常備、または外出時のみミルクにする。

・家族連れ向けテーマパークやキッズ○○など子供向けの施設やイベント開場では、ぐずってもお互いさまなので気楽です。授乳室やオムツ交換台もたくさんあったりします。

・子供は同じ場所で長時間じっとできないので、例えば洗濯機を買う場合、あらかじめどのメーカーのものを買うか調べて目星をつけてからお店に行き、選ぶ時間を短縮しています。

・究極ですが、ネットで買う!これが一番楽ですねΨ( ̄∇ ̄)Ψネットで全て買えば解決するかもしれませんが、デメリットとしては、底値で買えないこと、実際に商品を手に取り比較できないことでしょうか。

・新しいおもちゃ、あまり読んでない本など目新しいもので気を引くと大人しくなります。どうしても困ったときはおやつで一時的に大人しくさせるという方法をとる方も多いのではないでしょうか。

・トイレが混みそうなところは間に合わない可能性もあるので念のためオムツで行っていました。夫がいるときは男子用トイレの方がすいていますので任せましょう(^^)v

 ・長時間並びそうな場所は避ける。子供は何時間も並ぶアトラクションのある大きなテーマパークより近所の公園の方が好きだったりします(*´ω`*)混雑する大型連休の外出はできるだけ避ける。

 

☆まとめ

以上、可能な限りでとれる対策でした。

子供とお出かけしたくても毎回大変、ためらいがちという方の参考になれば幸いです⭐

最後まで読んでくださりありがとうございます!(^ー^)