Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

辛くて止めたくて葛藤した母乳育児(。´Д⊂) 母親にメリットってあるの??


f:id:wormama-blog:20170808153812j:image
出産したら母乳で育てたい!そう思っていました。出産前母乳に関する本を3冊も読んで基礎知識はバッチリ。そして二人とも母乳オンリーで育てました。

止めたくても止めれなくて、ものすごく葛藤しながらですが、、、

きっと私は母乳育児に向いていなかったのだと思います(^_^;)

 母乳が赤ちゃんに良いというのは分かっています。だから辛くてもママ達はみんな頑張っているのですよね。

私が辛かったことを以下にまとめるとすんごい項目になりびっくりです❗❗これ育児書に絶対載ってません( ̄∇ ̄*)ゞ言っちゃダメなんでしょーか。でも共感してほしくて書きましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ

 

 

☆母乳育児の辛さ

 ・おっぱいトラブル。気をつけていたのに2人とも産後の頻回授乳で乳首切れました。

・異様にお腹がすく。食費がかかる。

・常に脱水気味のため、便秘しやすい。

・薬やアルコールが飲めない。カフェインにも気をつかう。

・甘いもの食べ過ぎるとおっぱいが詰まる。

・外で気軽にあげれない。まだまだ商業施設の授乳室が少ない。

・卒乳後おっぱいの形が悪くなる、しぼむ。

・母親にしかできない。ミルクなら家族に協力してもらえる。

・ミルクより腹もちが悪く夜中何度もおきる。

・冬おっぱい出すの寒い。

・夏は汗だくで授乳。

・授乳服高い。可愛い授乳服も増えているが何かダボっとしたデザイン。オシャレな普通の服が着れない(ワンピとかだと上までたくし上げれない)。

・ミルクより卒乳が難しい。ミルクの子は牛乳にすんなり移行できるけどおっぱい離れは執着が強くなり難しい。

・消化が良すぎてすぐ便に出る。ミルク児の便より柔らかく水っぽいのでお尻がかぶれやすい

 

☆母乳育児いいこともあります

いいことがあると思わないとやってられないって感じですね(ToT)

・免疫がつく。

・母児の愛着形成。飲んでる姿が可愛い、母親になった実感が持てる。

・ママが痩せる。

・ミルク代がかからないので経済的。

・ミルクを作る手間がないので泣いたらすぐあげられる。冬の寒いときに夜中台所に立たなくていい。

・乳幼児突然死症候群のリスクが減る。

・外出時、荷物が減る(哺乳瓶や白湯等)。

 

 

このくらいでしょうか

でも書き出してみると意外とメリットあるんだな、頑張ってよかったのかなと思えました!!

私が母乳を続けられたのは免疫を与えたかったこと、乳幼児突然死症候群の予防、夜中ミルク作りに台所に立つのが寒くて布団で授乳したかったことが大きな理由です(>_<)

 

☆まとめ、頑張っているママへのメッセージ

やっぱり母乳は推進されてますよね。産院や妊婦の母親教室でも出来るだけ母乳で育てましょうって言われます。

でも辛かったらミルクに頼ってもいいんです!「母乳のデメリット」=「ミルクのメリット」ですから(^^)v

「母乳育児しんどい~はやく断乳したい!」って本音を言えるのは夫のみでした。母乳やめたいなんて禁句のような、母親失格のようなそんな気がして周りには言えませんでした。

赤ちゃんは美味しそうに飲んでくれるし他のママも頑張ってるし、母乳を止めたところで「母乳育児から逃げた自分」に後悔するのが嫌で意地で続けていました。

しかもうちの子、二人ともミルクアレルギーだったので安易にミルクに切り替える勇気もなかったです。

1歳頃卒乳しましたが、今振り返っても辛いことが多かったですが、頑張ってよかったです。後悔はないです!

 

母乳育児サポートサプリ「すくすく母乳の泉」

母乳でもミルクでも赤ちゃんは元気に育ちます!!育児に正解はないので悔いのない選択をしてくださいね❤

 

今、母乳育児が辛いと思っているママさんにパワーを与えられますように⭐