Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

私が確定拠出年金イデコをやっていない理由!5つのデメリットとは?

分かりやすく書いていますのでお読みいただけると嬉しいですφ(..)

⭐個人型確定拠出年金とは

  確定拠出年金(愛称:iDeCo イデコ)ですが、公的年金があまり期待できない我々世代にとって、注目されている個人年金です。

  何でも20歳から60歳までの専業主婦、公務員、会社員、すべての人が入れるというものです。

  年間14~81万まで職業によって、運用できる上限額が決まっています。自営業なら満額までできます。

  政府にとったら、「公的年金当てにしないでね~老後不安な人は、確定拠出年金でもやって将来に備えてくださいな」って感じでしょうか(*_*)

  会社に企業型がある場合はほぼ強制ですが、個人型はやった方がいいのかな?将来安心?得?みんなやってるのかな?など疑問がありますよね。

f:id:wormama-blog:20180125133623j:image

確定拠出年金のメリット

  普通、給料20万だったらそこから税金やら引かれて手取りは17万くらいになるでしょう。でも、イデコで掛けた分は非課税なので、簡単に言うと、20万の給料の中で毎月2万運用したとしたら、18万から税金をひいてくれるんです。つまり、運用する2万にかかる税金は免除してくれるというお得さがあります♪受け取り時も控除があるのでお得みたいですね。

 

資料請求してみた

  ファイナンシャルプランナーに確定拠出年金やった方がいいですよ、おすすめですよと言われてましたし、上記を聞いてお得だと感じ資料請求してみようと思いました!

  どこに?(-ω- ?)

  まずそこからよくわからなかったです…。

  運営管理機関は、銀行、証券会社、保険会社などになります。どこがいいのか分からないので、とりあえず口座も持っているし、大手の三菱東京UFJ銀行にしてみました!

ファッションから支援・ふるさと納税エフスタイル  

↑やはり税金対策としてふるさと納税は有効です⭐

UFJの資料きました

  電話して請求。

  どっっさり来ました!この時点でうんざりでしたが、加えてとても分かりにくい!(TдT)

f:id:wormama-blog:20180125114229j:image

  標準コースとライトコースの二種類ありました。

  簡単に登録、という感じではなく、それぞれのコースからさらに金融商品を選ばなければならないみたいです!!(*_*)

  ライトコースでさえ10種類、標準コースでは24種類もの金融商品があるのです(゜_゜;)

  ライトコースはこんなの↓10種類。

f:id:wormama-blog:20180125114627j:image

 冊子の中にそれぞれの金融商品の細か~い説明が書いてあります。特徴、投資方針、利率の決め方、配当金などなど。

  これ、一般の方で全ての内容を理解して比較できる人なんているのかな??

  そんでもって、どの金融商品を運用割合何%にするかまで自身で決めなければなりません!えー!この金融商品にしよ~って○するだけじゃないの(;-Д-)?

f:id:wormama-blog:20180125123704j:image

これはかなりハードル高いです。どの金融商品を何%なんてどうやって決めたらいいのか。これは将来の受け取り額に影響するし自分の独断では決められません。

⭐確定拠出年金iDeCoをやってない理由

イデコのデメリット5つとは?

1,元本割れする商品もある

  金融商品の特徴を理解する自信…もちろんありません。きちんと分かっている人じゃないと危険な投資となってしまいそうです。

  あくまでも運用ですから、個人がリスクを背負うため、年金が減る可能性だってあるんです。

  コースや金融商品の違いがまずよく分からないし、説明も専門的で読みたいとも思えない資料だったのでお手上げです…。

 

2,手数料が高い(毎月約170~700円くらい)

  普通の保険と違ってなんと月々手数料が取られるんです!ひどくないですか?(^_^;)

  いくらかと言うとだいたい500円前後。りそなやUFJ、三井住友銀行だと月500円くらいです。加入時にも3000円弱手数料がかかります。銀行によって手数料は異なります。

  中には安い銀行もありますが、何か毎月手数料取られるのって馬鹿馬鹿しいなぁと思うんです(*T^T)

 

3,60歳までは受け取れない

  途中引き出しができないのって何か人質に取られてる気分です。もし、体調を崩したからやむを得ず早期退職でもして50代で受けとりたくても不可能なわけです。受け取りの60歳まで健康で貯金もたっぷりある保証はありません。これも不安要素です( ω-、)

‥…━★90年の指導実績!通信教育・通信講座のがくぶん★━…‥ 無料で資料請求できます(*^^*)

4, 転職や退職の可能性があるから

  専業主婦でも月5000円(下限)で入れるとはいえ60歳まで払い続けられる保証はありません。50代って子供が高校~大学生くらいで一番お金がかかる時期なので、月々固定でお金を取られるのは辛く感じるかもしれませんよね。

  月5000円や1万円とか、額を減らせば退職後も継続可能かもしれませんが、そんな微々たる掛け金のために手数料を払いたくありませんし、運用中も損しないかな?と、気がかりが増えるのも憂鬱です。

  一応、払い込みはストップできるようですが、解約できないため手数料は継続して払うというデメリットがあります(-_-)

 

5,もともと民間の保険会社で個人年金を別で掛けている

  イデコにまで手を出すと管理しにくいのではないかと思っています。

  個人年金だけでなく、生命保険や医療保険、学資保険、車の保険などいろいろ入っている場合は訳が分からなくなりそうです。

  また、イデコでは、運用のため老後に受け取る年金額が事前に確定しないので、民間の保険会社の商品と比べて将来の見通しが立てにくいです。

  ↓講座の資料請求は、誰でも無料でできます(’-’*)♪年金の運用よりも副業やスキルを身に付けて仕事をする方が確実です。

★今すぐ仕事に結びつく資格&技能

 ⭐まとめ

  確定拠出年金について書きました。やってる人がいるなら教えてほしいくらいですが…。認知度や信頼度も低そうに思えます。迷いましたが、いまいちメリットに欠けるので申し込まずに保留中です。興味はあるんですが、残念です(>_<)

  手数料がもう少し安かったり、金融商品がもっと分かりやすくローリスクな商品が理解できればやってみたい…とは思っています(*´-`)

  個人型確定拠出年金、入るかどうか迷っている方は多いと思いますが、個人的には強くおすすめしないかなという結論です⭐

定年後設計スクール体験学習会

⭐読んでいただきありがとうございます⭐