Beautiful Life ママナースの幸メモ

二児のワーキングママです。女性がまだまだ生きにくい社会ですが、自身が体験したことから学びや気づきがあったことを書いていきます。共感してもらえたり参考になれば幸いです♪幸せに生きるため日々貪欲に生きています。

転職して趣味の時間がなくなったときに考えたこと。子育て中ママナースの葛藤。

  カレンダー通りの職場に転職してもうすぐ一年です(*^^*)

  以前働いていたシフト制の病棟と違って、現在は月~金曜日の平日が仕事で拘束されることになりました(゜_゜;)

  望んでそうしたのですが、自由の無い毎日に辛く感じることもあります。

f:id:wormama-blog:20190702171500j:image

シフト制の頃

  シフト制だと夜勤があったり土日出る分、平日に自分一人で過ごす時間が多く、かなり自由が聞きました。

  夜勤入りの日なんて、朝から子供は保育園で、仕事始まる夕方までフリー。夜勤明けは、朝におばあちゃんが保育園に送ってくれてるので仕事から帰宅後は夕方のお迎えまでフリー。夜勤明けの翌日は丸々休みなので超フリー!なんてこともありました!!

  自由すぎて罪悪感を感じるほど(゜_゜;)

  夜勤に入ると子供と過ごせず寂しいし気がかりでした。でも、とにかく自分の時間はたくさんあったので、ゆっくり家事ができるし平日に一人で出掛けたりとストレス解消しやすかったです("⌒∇⌒")

  

カレンダー通りの勤務の今

  正直ペースを掴むまでが大変でした(>.<)

  仕事の後、保育園のお迎え行って夕食準備、食べさせる、お風呂入れる、寝かしつけ、翌日の準備とバタバタです(>.<)その合間にお漏らししたり喧嘩の仲裁に入ったり息つく暇もありません。

  自分の時間は平日ほとんどありません。

  テレビも子供向けのチャンネルばかりになってしまったり、何度も同じアニメを見るはめになったりとニュース番組さえまともに見れない日々(T_T)自分の好きな録画した番組を見れるのは子供たちが寝た後ですが、5連勤だと翌日に疲れを持ち越したくないので、自分も早く寝なければ体力的にしんどいです。なので早く寝てしまい趣味の時間が取りにくいのです…。

 

  趣味の時間がとにかく無くなってしまい、こうしてブログを更新することも、フリマをすることも、好きな漫画を読むこともままならなくなりました(T_T)

  5連勤で仕事されているママは皆こんな感じなんだろうなぁと信じて乗りきりたいと思いますが…(^o^)

  

転職して趣味の時間がなくなったときに考えたこと

  対処法は、ちょいちょい有休使って休む、または午後半休取ってます(^_^;)!

  特別何かするわけではなくても、一人でランチしてお迎えまでリビングやベッドでボーッとするだけでかなり違います。看護師でもない、ママでもない、本来の自分に戻る時間がストレス解消には大切だと感じます。

  いろいろ書きましたが、転職したことに関して後悔はありません。ずっと病棟ナースを続けるのは家庭崩壊に近かったので。子供たちと夜や土日過ごせるようになったので転職してよかったんだ!と思うようにしています(^_^;)

  あとは子供たちの成長を待つのみです(*^-^*)

 

⭐読んでいただきありがとうございますm(._.)m

 

 

ラプンツェルのお母さまゴーテルが憎めない訳

  ディズニーの人気作品「塔の上のラプンツェル」ですが、子供と何度も見るうちに、やはりいろいろ考えさせられるものがあったのでゴーテルについての考察や感想を書いてます_〆(゚▽゚*)

f:id:wormama-blog:20190629091040j:image

  作中、重要人物であるゴーテルですが、その不気味さと何とも言いない嫌~な感じに初めて見たときはかなり不快感と嫌悪感を感じたものです!!

  自分の若さを保つために魔法の能力を持った王女様ラプンツェルを誘拐し、18年も監禁していたのですから、かなりヤバイ犯罪者だと思う(^_^;)!

 

ゴーテルが憎めない理由

心に刺さるシーン

1,「あなたのこと大好きよ」と何度も言う

  ゴーテルは序盤からラプンツェルのことをバカにした態度を何度もとります。「あら、あなたも(鏡に)写ってたのね」「ブツブツ言うのは嫌いなのよ、はっきりしゃべってちょうだい、ほんとにイライラする」など(>.<)

  モラハラ発言かなり多く毒親だな~という印象ですが、時々「誰よりも一番好きよ」とラプンツェルの頭を撫でながら囁くのです…。

  それをされると子供は親からの愛情を感じてしまうので、離れられなくなります。

  ラプンツェルを塔につなぎとめておくためならどんな嘘でもつけるということなのか?

  ひどい発言の後に「冗談よ、あなたのこと大好きよ」って愛情表現するところが酷いなぁと思うのです!!そう言われるとラプンツェルは逆らえませんからね(゜_゜;)

  ゴーテルはかなり残酷で卑怯な人間だと思います。

 

2,「あなたの大好物のヘーゼルナッツのスープを作ってあげる~」
  誕生日プレゼントを「3日もかかるわよ」といいながらも取りに行ってくれる。「3日で戻るからね」という優しく抱き締めるシーン

  本当にラプンツェルの能力をただ使いたいだけなら最初から牢屋に入れたり手錠をして、監禁してろくにお世話もせずでもいいはずですよね。でも、「お母様」としてゴーテルは、料理をしてあげたり、ラプンツェル家でも退屈しないようたくさんの物(本や絵具、チェス、キャンドル、裁縫道具など)を準備しています。

  パスカルに「ここも結構いいところじゃない」と言うラプンツェルの発言に、多少なりともラプンツェルの居心地のよい環境を与えているのだなということが伝わってくるのです(*´-`)

 

  育児ってかなりの体力と忍耐力が必要ですよね。他人の子を0歳から18年間も育てるなんてなかなかできることではありません(>.<)!ゴーテルがラプンツェルの魔法の力を利用する目的だったとしても、一人の人間を一人前に育てるのって大変です。ラプンツェルはとても素直で勇敢で、愛情も注ぐことができる人間なので、ゴーテルは上手に育てたと思いますよ(笑)(^_^;)

  幼い頃から「お母様、お母様」となつかれたら愛着も沸くでしょう。ゴーテルは多少なりともラプンツェル愛情を持っていたのではないかなぁと思っています(*´∀`)

 

3,「私を悪者にしたいのね、じゃあ悪者になってやる」という最後のシーン

  ここから完全にゴーテルは悪に徹します。それまでは「優しいお母様」を多少なりとも演じていたのをここでリセットです。

  この最後のユージーンを刺すシーンで「ゴーテルは悪役!!」と視聴者は再確認することになりますね。何とか二人の無事を祈りましたが、この作品を最初から見るとやはり完全に悪い母親には見えないんですね~。どうしても憎めない不思議な人間です。

 

「悪者」である自分を封印して「いいお母様」を演じ続けてきたゴーテル、ここで本性を現しましたが長年母親やるのは並大抵のことはありません。

 

おわりに

  母親目線で見ると何とも切なくなる作品です。ラプンツェルは母親と信じていた人間を完全に恨むことができるのでしょうか?生みの親より育ての親の存在の方が母親と認識しやすいものです。ゴーテルが塔から落ちる瞬間、ラプンツェルがあっ!と手を伸ばすんですね。とっさのことでしょうがあのシーンは切ないです。

  疑問が残ることが他にもあります。

  ゴーテルは何百年も若返り続けて塔に住んで育児家事してはたして幸せなのか(^_^;)?何のために生きてるのか??ラプンツェルが死んだら自らの生命を繋ぎ止めておくことはできないのでは??と疑問が残ります。たとえラプンツェルが100歳まで生きるとしてもあと80年くらいしかゴーテルも生きられないというのに、何をそんなに生に執着しているのか??ゴーテルの生きる目的がよく分からないなというのが正直なところです。

  作品自体は何度見ても楽しめるので気に入っています(*^-^*)

ゴーテルについて書いてみました。

 

⭐読んでいただきありがとうございますm(._.)m

コナンの映画「紺青の拳」何回出国しても飽きない7つの見どころ!感想レビュー

名探偵コナンの現在上映中の映画「紺青の拳」見てきました!

 

⭐ネタバレ注意

⭐腐向け表現やや有り(?)

苦手な人はスルーしてください!

f:id:wormama-blog:20190417123347j:image

  数カ月前から待ちに待った映画でした!

  もう~とにかく最初から最後までハラハラしっぱなしであっという間の110分でした!

  今までのキッド映画といえば、謎解き多めだっのですが今回はアクション多く見どころ万歳でした(*^^*)⭐

  映画の内容自体は、シンガポールにコナンがキッド扮する新一のスーツケースに入れられて入国し、そしてコナンそっくりにも関わらず別人のアーサー平井として振る舞う設定の無理矢理さは若干ありました。(快斗も新一に変装して入国するとか普通に犯罪だしね。)が、んなことはどーでもいい!というくらい面白かった!(笑)(*^^*)

 

 

⭐見どころ1:黒羽快斗 全開!KID推しには堪らない

  キッド様何回死にかけるの!?ってくらい頑張る必死なキッドが見られます。

 「名探偵コナン」に登場する怪盗キッドはクールで華麗な身のこなしでお宝を盗み出す描写が多めですよね。これに対して別漫画の「マジック快斗」では、黒羽快斗が主人公なので、キッドの裏の顔が見られます♪

 「やっべー!(汗)」みたいな快斗の焦る一面が見れるのはマジック快斗ですね。ヤバイ瞬間にニッって八重歯出して笑うあの顔可愛くて大好き。今回の映画はどちらかというと「マジック快斗」寄りなので、ファンには堪らないと思う❤ポーカーフェイスできてないです(*´-`)

 

⭐見どころ2: 最初から最後までキッドが見られる

  怪盗キッドは毎回、作中誰かに変装しっぱなしで、最後にチョロっと出てくることが多いのですが、今回は最初から最後までひたすら何度もキッド←→新一の変装を繰り返していて怪盗キッドに何度もお目にかかれます(*^^*)世紀末の魔術師とかほんとに少ししかキッド出てこなかったもんね。

  快斗の変装する新一のいたずらっ子な顔が新鮮だし、「新一はそんなこと言わないだろ(^_^;)」ってことも言うのがおもしろいです⭐

  紺青の拳では、山口勝平さんしゃべりっぱなしです。もう、ありがとうございます!!と声を大にして言いたい(*´∀`)(笑)

 

⭐見どころ3: 新一とコナンのやり取り

  そして新一(キッド)とコナンの絡みが可愛い(ノ≧▽≦)ノ 同一人物なので同じ画面内で二人を見るのは稀な光景ですよね。「業火の向日葵」以来かな?

  新一が蘭と付き合っていると知らずにドギマギしている快斗と、それにイライラしてるコナンのやり取りが面白かったです(^^)d

  新一に変装した快斗が「ちょっと休憩しよーぜ。右手と左手どっちだ?」みたいなことをコナンに言うん場面があるんですね。すると「左手にココナッツウォーター、さっき買ってただろ?」「当たりー!」マジックで左手にジュースをポンと出しコナンに渡すシーンがあった❤神?(笑)

  最後らへんの新一(快斗)がコナンを肩車してるシーンも和み(萌え)ました❤

 

見どころ4: 正体バレず

  正体バレそうでドキっとしたのが、キッドが怪我の手当てを自分でしているときにコナンが後ろから歩いてくるシーン。

  このときキッドは上半身裸で帽子もモノクルも取ってますから、まんま黒羽快斗状態です!!今コナンが快斗の正面に回れば顔見れるじゃん!って思いましたね~(*´∀`)見ないんだこれが。そんな状況で素顔見たってフェアじゃないしね⭐何かいろいろ妄想膨らんだシーンでした。

 

⭐見どころ5: いいコンビすぎる

  コナンはキッドが新一に変装してもらわないと帰国できないとう弱みを握られているため、推理に協力するのですが、お互いピンチのときに助け合ってとってもいいコンビでした(*´-`)

  ヤバイ!ってときは必ず助けが入るっていう。コナンくんがビルから落っこちてもキッドが必ずハンググラインダーでキャッチします!もうね、見てるこっちも安心感(^o^)

  二人ともお互い連絡先は知らずに、日中は結構別行動してる割りには海外にも関わらず緊急時はすぐ会えちゃう凄さ!!

 

⭐見どころ6: 快斗とコナンの萌えシーン

  あと、これ公式でいーの!?てのが二ヶ所ほどあった。快コ(?)Kコ(?)腐向け(?)。

  一つ目は、ハンググラインダーでコナンを抱っこしながらシンガポールの夜景を一周するシーン。まず景色が綺麗すぎるし、素敵すぎるシチュエーションでした(*^^*)会話は推理だったので色気は無かったけど。そのときコナンは、「この絶景を何でこいつなんかと…。」って呟くんですが、いやもう夜景デートでいいじゃんと思った。コナンうらやまです(^_^;)

  もう1つはコナンが「二日連続あいつと寝るのはごめんだ(・┰・)」って、二人でベッドで寝てるシーンが一瞬映ったんです!(快斗はいびきかいてて色気は無かったけど)、「えっ!昨日一緒に寝たんだ?」ってなりました(*ノ▽ノ)

  描写はなかったけど、コナンはシンガポールで無一文だから快斗にいろいろ食事もご馳走してもらったのかな?なんて妄想膨らみました("⌒∇⌒")

 

⭐見どころ7: ヒロイン園子と京極さん

  園子がヒロインちっくでとにかく可愛いのです。最後の前髪下ろした園子めちゃ可愛いかったです。いっそのことヘアバンド取ったら?と思ったくらい。最後の京極さんが格好良すぎた!あんなに彼女にゾッコンな彼氏っていいですね~。お姫様抱っこやおんぶされつつ彼氏に格闘されたら惚れるわ(///∇///)と思いました⭐

 

最後に

  今回の映画は青山剛昌先生をはじめ、映画製作者さんに感謝しかない。怪盗キッドの映画って謎解きメインになりがちだけど、今回はアクションが派手でとっても格好よかったです。

  もう一回見たいと思えるくらいよかったです(*^O^*)

 

⭐読んでいただきありがとうございます!

フルタイムパートは損ではない!フルパートのメリット。正社員との違いとは?

まずはパートのメリットから

  パートであっても仕事の責任は伴いますが、正社員と比べてみると、やはり行っている仕事の範囲が狭い場合が多いです。

  うちの職場の場合、クレーム対応や、事務処理、委員会活動、電話対応は正社員のみです。(それら全部やりたいと思いませんよね(^_^;))

  パートは特別な担当の仕事は割り当てられておらず、その日の患者を診るだけでよいのでとても気が楽です。

  また、繁忙期でも堂々とお休み(有休)が取りやすいです(*^-^*)プライベートを重視したい人向けです⭐

 

フルパートのメリットは?

  私が扶養を越えてフルパートに近い時間を働くのには、やはり社会保険に入りたいからという理由が大きいです。

  扶養内に抑えた方が引かれる税金や保険料がなく、一見お得に思えますが、将来的には厚生年金に入っている方が老後は安泰だと考えます。扶養内だと貰える年金は少ないです。

  人生100年時代(ゾっとしますが…)、貯金とわずかな年金だけで老後乗りきるのは困難なので、夫婦ともに厚生年金をしっかり掛けておくのが安全策です。

  いくら3000万ほど貯金があったとしても、思いのほか長生きして使いきってしまったら…、後はわびしい老後が待っています(>.<)貯金だけでは定年後の生活を賄えませんから、老後破綻を避けるためにも、終身で補償される厚生年金加入は魅力的です。

  貰えるか分からないから~と公的年金を軽視してろくに掛けてこなかった人は、後々痛い目みますから(老後貧乏)、国の公的年金制度は大いに利用しなければと思っています(^^)d

 

  看護師は時給がいい方なので、週30時間働けば月20万ほど稼げます。正社員のほうが、やや収入は上ですが、そこまで責任を伴いながら働きたくないが、将来の年金の補償など安心が欲しい場合、パートの選択はありだと思います。

  長い時間働くのにボーナスがないのでフルパートは損だと思うかもしれませんが、適度に稼げて老後は年金もしっかり貰えるので、扶養を越えた働き方の方が将来的には得ではないでしょうか。

 

⭐読んでいただきありがとうございます("⌒∇⌒")